« トイレの怪 | トップページ | ユーロを使う »

2006年8月13日 (日)

トイレの怪(2)

その後トイレに出没した生き物が何なのか不明のままホテルで不安な日々を過ごしました。そしてこの体験を生長の家のヨーロッパセミナーで紹介したところ参加したドイツ人に大いに笑われました。ところが私が講話した後であるドイツ人が声をかけて来ました。「大塚さん。あれはネズミですよ。」「え!ネズミですか。」「そうです。ドイツの地下室の配水管にはよくネズミが棲み着くんですよ。私はそのネズミを駆除する器械を作っているんです。」彼の名前はDr. Oswald Frickさんと言います。 セミナーのあと彼はネズミの写真をメールで送ってくれました。I wish you a great success in Europa, to win many, many people for the Seicho-No-Ie mission. I am sending in the annex two flashes showing the rat in the pipes and the toilets. ああ人生とは奇縁なるものかな。これにて一件落着。

« トイレの怪 | トップページ | ユーロを使う »

コメント

 えー、ねずみだったんですか。あの写真のようなシーンはよく映画でありますよね。タコの足のようなものがするすると伸びてきて襲いかかるといった・・・。(笑)
 でもそれを駆除する器具を作っている人がメンバーだったとは。
 ところで最近、我が家では夜中闊歩しているゴキブリ対策で、10数年ぶりに“ホイホイ”を買いました。ドイツではこんなものはあるんでしょうか?

ゴキブリ対策ですね。僕はフランクフルトに来て1年2ヶ月になりますが、まだゴキブリに遭遇していません。でもきっと日本よりも大きいのがどこかに潜んでいると思われます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186369/11422226

この記事へのトラックバック一覧です: トイレの怪(2):

« トイレの怪 | トップページ | ユーロを使う »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト