« ヨーロッパ航空券事情 | トップページ | ドイツでのゴミの分別(2) »

2006年9月27日 (水)

ドイツでのゴミの分別

さて皆さんお待たせしました。ドイツでのゴミの分別方法についてレポートします。写真をご覧下さい。左から茶色、緑色、黄色、灰色のゴミ箱が並んでいますね。茶色は生ゴミ用です。続いて緑色は古紙、黄色は紙・ガラス以外のリサイクルマークのついた物全て。そして灰色のゴミ箱はそれ以外のゴミ(分別方法が分からないゴミも入れて可)用です。ゴミ箱のマーク「FES」はFrankfurter Entsorgungs Service(フランクフルト廃棄物処理サービス)の略です。このゴミ箱がフランクフルト市内の戸建て住宅やアパートの前にずらっと並んでいるのです。(写真は家主と我が家共同のゴミ箱です。)

Fes01 

« ヨーロッパ航空券事情 | トップページ | ドイツでのゴミの分別(2) »

コメント

 こんにちは。ドイツのゴミ箱の報告、興味深く拝見しました。ところでドイツでは、この箱にゴミを刷れる際には、日本と同じように、ゴミをゴミ袋を入れてそれからこのボックスに詰め込むのでしょうか。またあ、ゴミ回収の頻度を教えていただけますか?

ゴミはそのまま(袋等には入れずに)ゴミ箱の中に入れます。ただし生ゴミ用袋(Bio-Müll Beutel)がスーパーなどで売られていますので利用する人もいます。回収の頻度はそのゴミ箱を利用する世帯数などにより異なりますが例えば私の家のゴミ箱は家主と共同使用で1週間に1度程度だと思います。(大塚)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186369/12062344

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツでのゴミの分別:

« ヨーロッパ航空券事情 | トップページ | ドイツでのゴミの分別(2) »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト