« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月16日 (水)

エリザベス・ギューベルさん

ウィーンで15年以上に亘り毎月ドイツ語誌友会を開催しているエリザベス・ギューベルさん(写真前列左)が、「創立72年生長の家白鳩会全国大会」(5/1東京日本武道館)で生長の家の教えに救われた体験談を発表されました。エリザベスさんは34年前に隣人から薦められた『Erziehung zum Goettlichen』(神の子の教育)を読んで生長の家を知りました。写真は大久保白鳩会会長(中央)とのスナップ写真。前列右は通訳をされた民子ファゲット地方講師(ウィーン在住)です。

Dsc00422_2

2007年5月 8日 (火)

ヨーロッパで活躍するブラジル人地方講師

ヨーロッパで活躍するブラジル人地方講師をご紹介します。左から、マダレーナ・ピント講師(イギリス)、マリアーナ・ミュラー講師(ドイツ)、スウェルマ・メンデス講師(イギリス)、アナ・セーラ講師(フランス)です。この写真は5月にジュネーブで開催された第3回スイス練成会でのスナップ写真。68名(うち子供9名)が参加したこの練成会はポルトガル語で行われましたが、英語の同時通訳機器が準備されスイス人やドイツ人も参加しました。ヨーロッパでは日本人やブラジル人が地元の人々に生長の家の教えを広げる大きな力となっているのです。

Rimg0063s

2007年5月 2日 (水)

ウィーンのスペイン語誌友会

4月28日、オーストリアのウィーンでスペイン語の誌友会が始まりました。会場提供者はチリ(南米)出身のGloria Benavidesさんです。(写真左から2人目)グロリアさんはウィーンに住んで20年になりますが、スペイン語の他にドイツ語と英語を話しますので講話は英語からスペイン語への通訳で行いました。彼女に生長の家を伝えたのは中央の水色の服を着た女性、カルメンさん(ブラジル人)です。ウィーンではドイツ語、日本語、スペイン語の誌友会が開催されています。

Rimg0022s

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト