« 「不都合な真実」(DVD) | トップページ | Touran(ツーラン) »

2007年9月 8日 (土)

Lufthansa航空のCO2-Emission削減活動

今回は私がヨーロッパを移動する際に使用するドイツの航空会社「Lufthansa航空」のCO2-Emission削減についての紹介です。『Lufthansa magazin』の8月号には(写真参照)過去15年間(1991年~2006年)に旅客1人を100km輸送するために使う燃料消費量(これを100PKMと言う)を29.3%削減したことが掲載されています。Lufthansaでは100PKMを年間0.1リットル削減することを自社目標として掲げているようです。グラフを見ると現在の100PKMは4.38リットルです。私が2006年にLufthansaを使って飛んだ距離は約3万2千Km(2万マイル)ですので1,400リットルのジェット燃料を消費したことになります。これをCO2排出量に換算すると3469Kgになります。さてこれを如何にゼロにするかが問題です。(計算は生長の家国際本部ISO推進支援部作成の「国際線のCO2排出量計算シート」を参考にしました。)

Luft_hansa_co2_emissionss

« 「不都合な真実」(DVD) | トップページ | Touran(ツーラン) »

コメント

ユージ さん;

 こんにちは。
 ヨーロッパを駆けめぐるユージさんにとって、航空機のCO2排出量を計算するというのは大切ですね。
 航空会社がカーボンニュートラル企業になってくれると助かるのですが。燃料にバイオエタノールを利用するジェット機も出てきているというニュースを聞いたことがありますが、どうなんでしょう。
 それと、フランクフルトモーターショーを事前学習として以下のURLの記事が参考になります。ドイツのハイブリッド車の状況がよくわかります。

【日経BPのサイト】
http://www.nikkeibp.co.jp/lc/eco_shimizu/070907_iaa/

ハイエコポンさん;

>航空会社がカーボンニュートラル企業になってくれると助かるのですが。燃料にバイオエタノールを利用するジェット機も出てきているというニュースを聞いたことがありますが、どうなんでしょう。

この辺のところを現在調べているところです。わかって来ましたら情報を提供したいと思います。
それからサイトをご紹介いただき有り難うございます。事前学習の上フランクフルトのモーターショーへ出かけたいと思います。
それにしてもMITSUBISHIの新環境対策車はすごいですね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186369/16384601

この記事へのトラックバック一覧です: Lufthansa航空のCO2-Emission削減活動:

« 「不都合な真実」(DVD) | トップページ | Touran(ツーラン) »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト