« 麦の刈り入れ | トップページ | 野ねずみ天国 »

2007年9月 3日 (月)

環境フェア

フランクフルト近くのMeerholz(メアホルツ)という小さな町で環境フェアが開催されたのでギド理事長と新井地方講師と一緒に参加しました。写真はButzbach(ビュッツバッハ)技術者学校の生徒がエンジンを改造した車に菜種油を給油しているところ。彼の説明ではディーゼルエンジン車は1,500ユーロ程度で植物油で走る車に改造できるとのことです。給油の時はガソリンスタンドに行かずスーパーマーケットに寄って大量の菜種油を買わなければならないと言って笑っていました。今後ドイツでこの種の車が増えるかと尋ねると、いいえこれからはハイブリッド車が売れるだろうとのコメントでした。この車は残念ながら冬になるとエンジンがかかりにくくなるそうです。北欧では使用不可か・・・?

Rimg0012s 

« 麦の刈り入れ | トップページ | 野ねずみ天国 »

コメント

ユージさん;

 続々興味深い記事が出ていますね。写真もいいショットです。菜種油の給油風景がよく分かり、一目でドイツの青年と分かります。流行の髪型も分かったりして・・・。

>いいえこれからはハイブリッド車が売れるだろうとのコメントでした

 貴重なコメントです。ドイツメーカーもハイブリッド車のコンセプトモデルを今月のフランクフルトモーターショウでいくつか披露するようです。あれって入場料が高いんでしょうか。

フランクフルトモーターショーは今月13日から始まりますが一般公開は15日からです。13ユーロ位で入場できますので私も出張の合間を見て行ってみようと思います。日本人向けの週刊誌「ドイツニュースダイジェスト」によるとドイツ交通クラブ(VDC)が8月15日に発表した「環境に優しいクルマ」番付には日本メーカーのハイブリッド車がトップ10に7台入ったそうです。1位はホンダの「シビックハイブリット」゙、2位はトヨタの「プリウス」です。ちなみに今年1~6月のトヨタの欧州販売は前年同期比で14%も上昇し市場シェアは5.8%になりました。ハイブリッド車が売れているのです。ヨーロッパはハイブリッドの時代を迎えた感があります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186369/16329931

この記事へのトラックバック一覧です: 環境フェア:

« 麦の刈り入れ | トップページ | 野ねずみ天国 »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト