« 「生長の家フランス誌友会」の新代表者決まる | トップページ | ドイツの秋 »

2007年10月29日 (月)

ゲルンハウゼン誌友会

フランクフルトから東へ50Kmアウトバーンを走ると古きドイツの情緒溢れる町Gelnhausen(ゲルンハウゼン)に到着です。今回のゲルンハウゼン誌友会には7月に開催されたヨーロッパセミナーに参加して生長の家の運動に共感してすぐに聖使命会員になって下さったHerr Volker Fehl(フォルカー・フェール氏)が参加されました。(写真左から3人目)彼の職業は警察官です。練成会で「私の考えではこのみ教えは絶対的真理を説いている」との感想を述べられたのが印象的でした。誌友会の後はコーヒーとケーキを囲んでおしゃべりが続きますが時には誌友会よりも長くなることもあります。ドイツにもっともっと誌友会が増えることを日々祈っています。

Gelnhausen_071027

« 「生長の家フランス誌友会」の新代表者決まる | トップページ | ドイツの秋 »

コメント

合掌ありがとうございます。ヨーロッパでの誌友会もますます盛んになってきておりますですね。ご指導とご愛情に心より感謝と尊敬の念を送ります!えい!!届いてますか?ふふふ。しかし、楽しそうですね。私もその場にだんなさんと座ってわきあいあいしてる様子をヴィジュアライズして(描いて)みました。しめしめ。ということでいずれ私もそちらに参加しますので、みなさんによろしくう。ぜひまた今度お写真のステキな皆様の名前をおしえてください。今から覚えておきます!!感謝再拝

manamoto san;

うっかり皆さんのお名前をご紹介するのを忘れていました。左端のご夫妻はギド理事長のご両親です。そしてギド理事長の隣の男性はノーベルト・フッシャーさん(社団法人ドイツ生長の家誌友会の書記)、右端の女性はエレニッセ・タメさんです。彼女はゲルンハウゼンの近くに住んでいて(下呂温泉ではありません)よく誌友会にお越しになります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186369/16917419

この記事へのトラックバック一覧です: ゲルンハウゼン誌友会:

« 「生長の家フランス誌友会」の新代表者決まる | トップページ | ドイツの秋 »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト