« Regensburg(レーゲンスブルグ)誌友会 | トップページ | Weihnachtsmarkt(クリスマス市) »

2007年12月19日 (水)

ベルギーで初の一日見真会

12月16日(日)ベルギーで初めての一日見真会が開催されました。場所は首都ブリュッセルから電車で約1時間のScheldewindeke(シェルデヴィンデケ)という田舎町です。(町の名前はシェルデ川の風という意味のオランダ語)主催者はブラジル人のマリア・ソッコロさんでご主人のジョアキンさんはベルギー人です。ジョアキン氏のお父様はブリュッセルの舞台俳優だそうですが今回お父様がアトリエを貸してくださったので見真会が実現しました。ところで中央の写真はブリュッセル空港の出発便の電光掲示です。左からオランダ語、フランス語、ドイツ語でいずれもベルギーの公用語です。(しかしドイツ語を話す人は国民の1%でブリュッセルではほとんどドイツ語は通じませんでした。笑)見真会にはアイルランドからブラジル人のパウロ・オリベイラ講師が駆けつけてくださいました。パウロ氏は34歳の青年地方講師でアイルランドで生長の家を広げたいと夢を語っていました。そのうちに首都ダブリンで誌友会が開催されると思います。私は青年の純粋な心と情熱がきっと未来を変えると信じています。ベルギーも今はまだポルトガル語の集まりですがいずれフランス語やオランダ語の誌友会が開催されると思います。PS:集合写真前列中央がパウロ講師、一番右がマリア・ソッコロさん、その後ろがご主人のジョアキン氏、その隣がジョアキン氏のお父様です。右の写真はScheldewindeke(シェルデヴィンデケ)駅

Belgium_0712161 Belgium_0712162
Belguim_0712163

« Regensburg(レーゲンスブルグ)誌友会 | トップページ | Weihnachtsmarkt(クリスマス市) »

コメント

大塚さん、ベルギーで見真会が開催されたとのこと、おめでとうございます。ベルギーは地図でしか分からないですが、国連の本部があるところですよね。

また、アイルランドに青年の力で生長の家の教えが広がっていくなんて、考えただけわくわくします!

ホットな情報をありがとうございます。

 田中道浩

Tanaka sama;

ヨーロッパの国際平和信仰運動に関心を寄せていただき有難く思います。ベルギーの首都ブリュッセルには国際連合(UN)の本部はありませんが、欧州連合(EU)や北大西洋条約機構(NATO)の本部が置かれているので日本の新聞に紹介されることも多いと思います。

ところで青年会長からのコメントを頂戴して私はますます青年を育てたいとの意欲が湧いて来ました。これからもヨーロッパで活躍する生長の家の青年をこのブログで紹介して行きたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186369/17424829

この記事へのトラックバック一覧です: ベルギーで初の一日見真会:

« Regensburg(レーゲンスブルグ)誌友会 | トップページ | Weihnachtsmarkt(クリスマス市) »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト