« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月20日 (木)

第18回ヨーロッパ生長の家幹部研修会が終了

3月14日から16日にかけてドイツ連邦共和国のノイシュタット市において第18回ヨーロッパ生長の家幹部研修会が開催されました。参加者は子供3名を含む39名でした。参加者数は予想を下回りましたが昨年よりも増えて研修会としては大変充実した内容でした。国際本部からお越し頂いた久都間繁本部講師は「生長の家から観たイスラーム」をはじめ4講話を担当され、唯神実相の哲学を分かりやすくお話しくださいました。久都間本部講師にこの場を借りて御礼申し上げます。ドイツのみならずオーストリア、スイス、フランス、イギリスからも集まった参加者からは例年になく多くの感想文が出された他、書籍類も約110冊頒布されました。今回の研修会を機に今後のヨーロッパの行事はより一層充実した内容になると思います。ご参加いただいた皆様に心より感謝申し上げます。(写真右は講話中の久都間本部講師と独語のコーランを持って通訳されるヴォイガート立子地方講師)

R0011211s R0011205s

2008年3月13日 (木)

久都間繁本部講師が来独

12日(水)午後5時46分、久都間繁(くつましげる)本部講師が無事にフランクフルト空港に到着されました。家内と私は講師を空港の駐車場までご案内しその後一路フランクフルト市内へ。宿泊ホテルはフランクフルト大学のすぐ向かいの「Hotel Mozart」(モーツアルト)です。小さなホテルですが市内中心部にあり「旧オペラ座」まで徒歩10分で行けて便利なところにあります。チェックイン後早速「旧オペラ座」まで歩き近くのレストランで食事をとりました。久都間講師は12時間近い長旅にもかかわらず大変お元気で夜11時頃まで研修会の打ち合わせを行いました。まずはご一報させていただきました。(写真左は「旧オペラ座」の前、写真右はレストラン前で撮影)

R0011131s R0011135s

2008年3月11日 (火)

フランクフルトのオフィスの候補物件

「社団法人ドイツ生長の家誌友会」では一昨年からフランクフルトに活動の拠点となるオフィスを探していますが先月末に適当な候補物件が見つかりました。そこで今日ギド・ビュルクナー理事長と新井地方講師ご夫妻と共に物件の下見に行きました。市の中心部から少し外れに位置するこのオフィスビルは地下鉄の駅から徒歩1分、周辺には駐車のスペースも十分にあり全くもって来いの立地条件です。オフィスはビルの最上階にあり天窓から光を取り入れるなど明るく窓からの眺めも良いです。部屋は4室で小さなキッチンとトイレが付いています。ドイツに活動の拠点となるオフィスが出来ればヨーロッパでさらに新たな「国際平和信仰運動」の波が巻き起こると私は確信しているのです。

R0011117s R0011114s

2008年3月10日 (月)

1年振りの日本帰国

今年も代表者会議出席のためにギド・ビュルクナー理事長と共に2月末から1週間ほど日本へ一時帰国しました。写真(左)は28日夜に海外法人代表者との懇談会に出席した時のスナップです。ところで自分はすっかり外国人と話すのに慣れたなあという経験をしました。2日に品川から京都行きの新幹線に乗った時のことです。のぞみ号の通路に不安そうな表情をしたインド人が二人立っていました。目が合ったので声をかけるとチケットを僕に見せるのです。彼らの座席は4号車ですので「ここは13号車だからもっと前の車両ですよ」と説明すると困った顔で行けないと言うのです。事情が分かりました。手持ちの荷物が多すぎて4号車まで移動出来ないので諦めて立っていたのです。「名古屋までは誰も乗って来ないから空いている席に座ったら良いですよ、車掌には私が説明します」と言うと何度もお礼を言われました。ドイツに住んで3年、どこの国の人と出会っても目が合えば笑顔を交わせるようになったことを嬉しく感じました。来年はもっと言葉を磨いて帰国しようと思います。(右の写真は成田空港で撮影)

Conference_080228 Conference_080228a

2008年3月 9日 (日)

パリの自転車レンタルシステム"ヴェリブ"

パリの自転車レンタルシステム"ヴェリブ"(Vélib)をご存知ですか?昨年の7月にスタートしたこの"ヴェリブ"は予想以上の人気で、自転車台数はすでに約2万台パーキング(駐輪場)も1,400カ所ほどになっているようです。パリに住むN氏からの情報によると年間パスは29EURで1週間パスや一日パスもあるそうです。使い方は簡単で30分まで無料なので30分以内に目的地近くの駐輪場に入れればOK。(乗り継げば何回乗っても無料!)ただし目的地のパーキングが満車の場合は他のパーキングへ移動する時間が15分もらえます。先月パリへ出張した際には満杯のパーキングが多い地域で駐輪する場所を探す"ヴェリブ難民"と呼ばれる自転車が走り回る光景が見られました。「環境に負荷を与えない通勤や移動」にパリの皆さんも熱心なのです。(写真はパリに住むN氏からの提供です。)

Velib02 Velib05

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト