« パリの自転車レンタルシステム"ヴェリブ" | トップページ | フランクフルトのオフィスの候補物件 »

2008年3月10日 (月)

1年振りの日本帰国

今年も代表者会議出席のためにギド・ビュルクナー理事長と共に2月末から1週間ほど日本へ一時帰国しました。写真(左)は28日夜に海外法人代表者との懇談会に出席した時のスナップです。ところで自分はすっかり外国人と話すのに慣れたなあという経験をしました。2日に品川から京都行きの新幹線に乗った時のことです。のぞみ号の通路に不安そうな表情をしたインド人が二人立っていました。目が合ったので声をかけるとチケットを僕に見せるのです。彼らの座席は4号車ですので「ここは13号車だからもっと前の車両ですよ」と説明すると困った顔で行けないと言うのです。事情が分かりました。手持ちの荷物が多すぎて4号車まで移動出来ないので諦めて立っていたのです。「名古屋までは誰も乗って来ないから空いている席に座ったら良いですよ、車掌には私が説明します」と言うと何度もお礼を言われました。ドイツに住んで3年、どこの国の人と出会っても目が合えば笑顔を交わせるようになったことを嬉しく感じました。来年はもっと言葉を磨いて帰国しようと思います。(右の写真は成田空港で撮影)

Conference_080228 Conference_080228a

« パリの自転車レンタルシステム"ヴェリブ" | トップページ | フランクフルトのオフィスの候補物件 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186369/40461038

この記事へのトラックバック一覧です: 1年振りの日本帰国:

« パリの自転車レンタルシステム"ヴェリブ" | トップページ | フランクフルトのオフィスの候補物件 »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト