« INTA(International New Tought Alliance) | トップページ | ハイデルベルクの「日時計」 »

2008年4月22日 (火)

ジュネーブ市庁舎の「日時計」

ジュネーブ市内に「日時計」があることを知ったので、日本語誌友会が終わった後に菅原恵子さん(生長の家スイス合同誌友会代表)に早速車で案内していただきました。左側の写真をご覧ください。この「日時計」はジュネーブ市庁舎の壁面に設置されていました。市庁舎は小高い丘の上にあり真下にジュネーブ大学のキャンパスを見渡せます。中央の写真はこの丘のベンチに座って休日をのんびりと過ごす人々が写っていますがこのベンチはヨーロッパで最も長いベンチだそうです。(よく見ると切れ目がなく繋がっているのがわかると思います。)右の写真はキャンパス内の公園でチェスを楽しむ人々です。こんなに大きなチェス盤を見たのは初めてでした。時計の国スイスで「日時計主義の生き方」を語り合い「日時計」を発見。充実した週末でした。

Sundial_in_geneva_2 Geneva_080420_3 Geneva_080420a

« INTA(International New Tought Alliance) | トップページ | ハイデルベルクの「日時計」 »

コメント

ほんと、なんどもいうようですが、かなりすてきです。。。ベンチもよいです。。。うーん、ロマンチック!
大きなチェス盤ですが、ボストンにある子供博物館へよく子供達を連れていってましたが、そちらに同サイズの大きな子供用チェス盤がありました。またハーバード大学のキャンパス近くのカフェにある外に設置されたチェス盤(9台くらいあったかな?)でチェスの駒?を各自持参してチェスをする人たちを思い出してとーーーてもなつかしくなりました。

源さんはチェスができますか?僕は子供の頃やったきりでもうルールを忘れてしまいました。今度東郷神社の桜の木の下で将棋でもやりますか?というかキャッチボール?(笑)

もちろん、キャッチボールでお願いします。(笑)
さすがあ、よくご存知で。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186369/40966520

この記事へのトラックバック一覧です: ジュネーブ市庁舎の「日時計」:

« INTA(International New Tought Alliance) | トップページ | ハイデルベルクの「日時計」 »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト