« 英語版『甘露の法雨』四部経出版のお知らせ | トップページ | マロニエの花 »

2008年6月10日 (火)

シュパーゲル(アスパラガス)の季節

ドイツは4月中旬になると太陽が盛んに雲間から顔を出すようになり気温も上がって来ます。ヨーロッパは大凡4月末から9月位までが観光シーズンと言ってよいでしょう。日本と比べて昼間の時間がかなり長くなり一方夜は短くなります。以前ご紹介したクリスマスの頃からだんだんと日照時間が延びるわけです。そんな季節の到来を告げるのがシュパーゲル(アスパラガス)の登場です。道路先にも看板が立ち店先にも取れたてのシュパーゲルが並べられます。白アスパラにホランドソース(バター、卵黄、レモン等で作る独特のソース)をかけて食べるのが最もポピュラーな食べ方ですが、アスパラのスパゲッティなどもなかなか美味しいです。レストランで「いつ頃までSpargelを食べられますか?」と尋ねたら「あと一週間位ですね」という返事でした。今年はこれが食べ納めになりそうです。写真だけで味をお届け出来ないのが残念ですがご勘弁を。よかったら右のアイスクリームのデザートもどうぞ!

P6100141s R0011514s

« 英語版『甘露の法雨』四部経出版のお知らせ | トップページ | マロニエの花 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186369/41497328

この記事へのトラックバック一覧です: シュパーゲル(アスパラガス)の季節:

« 英語版『甘露の法雨』四部経出版のお知らせ | トップページ | マロニエの花 »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト