« シュパーゲル(アスパラガス)の季節 | トップページ | フランクフルト空港の“祈りの部屋” »

2008年6月14日 (土)

マロニエの花

前回はドイツのアスパラガス(Spargel)をご紹介しましたがこの季節になるとヨーロッパではマロニエの花が咲き出します。私が知る限りでは白いマロニエと赤いマロニエがあり自宅近くの墓地の前には大きなマロニエが毎年美しい赤い花を咲かせます。写真は5月の初旬にウィーンで撮影したものです。左が赤いマロニエそして隣は白いマロニエです。ウィーンにはマロニエの並木道が多く見られますが、市の中心に位置するプラター駅(Prater)近くには見事なマロニエの並木道があります。そういえは栃木県の県木はマロニエでしたね?かな?
ところで右の写真は以前そのプラター駅前で撮ったものですが、歩行者道と自転車道が区別されているのが分かりますか?5月18日に「ウィーン市内のレンタル自転車」についてご紹介しましたがヨーロッパでは歩行者道路と自転車道路と分かれているところが多いので自転車の利用は大変便利です。ただし歩行者は知らない間に自転車道を歩いていて自転車にぶつかる場合がありますので注意が必要です。信号の向こうに観覧車が見えますか?これは映画「第3の男」の舞台で有名です。私は映画のテーマ曲の口笛を吹きながらこの観覧車に乗りました。ハハハ。

P5110039s P5110055s
R0010145s

« シュパーゲル(アスパラガス)の季節 | トップページ | フランクフルト空港の“祈りの部屋” »

コメント

yuuji様
 昨日、日本では宮城で大きな地震がありました。
 いつもヨーロッパの生情報をありがとうございます。co2削減に向けた自転車行政は羨ましいですね。アメリカも自転車通勤が人気で自転車用の信号が増えているようですね。
私も3年前、調布から原宿まで半年ほど自転車通勤にチャレンジしましたが、車と排気ガスで挫折してしまいました。いつの日か、自転車でヨーロッパを駆けめぐりたいですね。
 すでにご存知と思いますが、日本政府のインターネットに環境情報がUPされています。最新は福田総理の「低炭素社会・日本」に向けての講演です。
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1904.html
 では谷口雅春先生23年祭に向けて、心を浄めて過ごしてゆきます。
 ヨーロッパ光明化の進展を祈りつつ・・
honda
  6 /15 sun
 

Honda 様

>すでにご存知と思いますが、日本政府のインターネットに環境情報がUPされています。最新は福田総理の「低炭素社会・日本」に向けての講演です。

有り難うございました。早速勉強させていただきます。大変助かります。
アメリカでも自転車の通勤が増えているのですか?素晴らしいことですね。自動車を利用しなくても電車や自転車で通勤出来る人は多いと思いますので、世界中でそういう動きが始まれば随分とCO2の排出量が減るでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186369/41528983

この記事へのトラックバック一覧です: マロニエの花:

« シュパーゲル(アスパラガス)の季節 | トップページ | フランクフルト空港の“祈りの部屋” »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト