« フランクフルト発ビックリ体験談 | トップページ | フランクフルト発ビックリ体験談(3) »

2008年9月30日 (火)

フランクフルト発ビックリ体験談(2)

その気がついたことと言うのはガソリンスタンドでは通常は自分で給油するのですが(こちらではセルフが普通です)、この日はたまたまサービスマンがスタンドにいた為彼に給油を頼んだのです。受け取ったレシートを確認するとベンジン(ガソリン)が給油されたことになっています。そしてその下にサービス料金として1EURが請求されていました。まさにビックリ仰天です。私の車の給油タンクのキャップには大きく「DIESEL」を書かれており間違うなどと言うことは常識では考えられないからです。しかも相手はプロのサービスマンです。しかしこれで理由がはっきりしました。20分後にはADACの救援員がやって来ましたので、彼にレシートを見せて事情を説明しました。すると彼は親切に「これは今日中にこのスタンドへ行った方が良いですよ。一週間後に行っても知らないと言われるかも知れません。タンクから燃料を抜いて車の部品が傷んでいないか調べますから費用がかかりますよ。」と忠告してくれたのです。さてその40分後、ADACの車両運搬車がやって来て故障した車を乗せ助手席には私と家内が乗り込みました。そして運転手に「まず最初にガソリンスタンドに寄ってください。それから修理工場へお願いできますか?」と頼んだのです。運転手は心良く了解してくれ2Kmほど離れたガソリンスタンドに戻りました。スタンドに到着すると早速レジへ行きレシートを見せて事情を説明しました。見ると先ほど給油サービスをした男性がいました。彼の顔色がやり取りを聞いているうちに変わるのがわかりました。私はそのまま店長のところへ案内されましたので「修理費をこちらで全て負担するという証明を書いて欲しい」と頼んだのです。-続く-(追記:こういう場合証拠になるレシートが非常に重要になります。こちらで生活する場合は必ずレシートをもらっておくという習慣が大切です。またお金に関することは必ず書面にしてもらう必要があります。書面があれば修理工場は直接ガソリンスタンドに修理費を請求出来るからです。)

« フランクフルト発ビックリ体験談 | トップページ | フランクフルト発ビックリ体験談(3) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186369/42643332

この記事へのトラックバック一覧です: フランクフルト発ビックリ体験談(2):

« フランクフルト発ビックリ体験談 | トップページ | フランクフルト発ビックリ体験談(3) »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト