« 笑顔とユーモアの力 | トップページ | ウィーンをプリウスで快走 »

2008年9月16日 (火)

空港のセキュリティルール

航空機の利用者にとって搭乗時刻(Boarding Time)までに搭乗ゲイトに到着することは当然ですが以前こういう光景に遭遇したことがあります。スイスのチューリヒ空港での出来事です。その女性は搭乗時刻までにゲイトに着いたのですが出発時刻までにまだ時間があったので買い物に出かけました。飛行機の搭乗は通常出発時刻の15分位前にはじまります。それで5分前には搭乗が終了しゲートが締め切られてしまったのです。そこに買い物を済ませた彼女が戻って来て搭乗しようとしました。ところが係員は断固として搭乗を断ったのです。ゲートからはガラス越しに彼女が乗る航空機が見えます。彼女は「子供達が既に搭乗しているのでどうしても乗せて欲しい」とフロアに座って懇願しましたが受け入れられませんでした。見かねた数人の男性が係員に話しかけましたがとうとうゲートは開きませんでした。空港のセキュリティルールは厳重ですので気をつけねばなりません。

« 笑顔とユーモアの力 | トップページ | ウィーンをプリウスで快走 »

コメント

この件も、似たような経験をしました。
やはり香港での話ですが、通関を済ませてゲート内で買物をしていて、ふっと窓の方を見ると、私が乗るはずの飛行機がゆっくりとバックして離れて行くではないか? スローモーションのような風景に目を疑ったが、置いていかれました。
結局犯人のように空港職員にガードされて外に案内され、スーツケースだけが成田に行き、私は翌日の便で帰国しました。
もっとも、これはルールと言うよりは、時間がまだあったけど、お客1人と比べ、停泊燃料代をけちった外国会社のせいで、それ以降はなるべくお客のことを考える日系の航空会社を選ぶようになりました。
 20年ほど前のことだけど、当時、損得よりもお客様を大事にする日本と、ドライな外国の気風を象徴しているようで、笑えました。
今両者の差はそうないように感じます。(笑)

Yanai sama;

う~ん。コメントが難しい体験談ですね。通常は搭乗が締め切られる前に空港内のアナウンスでチェックインが済んでいる乗客は呼び出されますから・・・。私がスイスで目撃した女性はアナウンスを無視したか又は聞こえないところで買い物をしていたのです。つまり責任は彼女にあります。航空会社のサービスの問題ではなく彼女が空港のセキュリティルールを軽く見ていたことが問題なのです。


私が気になったのは、先にのってしまっていた子供達は何歳だったのか、他に保護者がいたのかですよね。おそらく、子供を置いて買い物するぐらいですから、きっとテイーネージャーぐらいか、父親がいたんでしょう。ってことは、まあ仕方ないでしょうかね。。。他のお客様にご迷惑をかけるような行動には、厳しくあったほうがいいかも。これは痛いお勉強ということで。。。

Gen sama;

私もその時に同じことが気になりました。便はチューリッヒからロンドンへ向かう便で彼女は英国人のようでした。彼女が英語で話して(叫んで)いたので大凡の事態が分かったのです。気の毒なことでしたがどうにもしてあげられませんでした。私はヨーロッパに住むようになってから「たぶん大丈夫だろう」と安易に周囲の動きに任せる習慣から「必ず事前に確かめよう」という自己責任的な生活態度に変わって来たと実感しています。

Otsuka san

 空港のセキュリティーも、色んなことに自分で気を付けることも、本当にOtsuka sanの言われる通りだと思います。

 特に海外で生活していると、犯罪に巻き込まれないように治安を含め、身の安全、社会生活への対処など、多くのことは自分がしっかり確認したり、注意しないといけないので、外国での生活はある意味神経を使うと思います。

 日本だったら、恐らくですが、子供のことを考慮していたように思います。これは日本の良さでもあり、しかし場合によっては外国では非常識になってしまうこともあるのでしょうか。

 ふと、数十年前、日本語しか出来ないで、海外生活をしていた母の苦労を思いました。

Yanai san;

そうですね。善(常識)悪(非常識)というものは時・処・人によって変化しますので、日本で良かれと思うことがこちらでは「それはとんでもありません」ということがあります。そういう事例はまたご紹介して行きますね。

Otsuka san

 はい。
 日本にいては見えない、海外現地ならではのエピソード、楽しみにお待ちしてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186369/42494630

この記事へのトラックバック一覧です: 空港のセキュリティルール:

« 笑顔とユーモアの力 | トップページ | ウィーンをプリウスで快走 »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト