« London City Airport | トップページ | ドイツの輸出ヒット商品「EEG」 »

2008年9月 3日 (水)

ドイツのワイン作りの街にも日時計が

フランスのロレーヌ地方を発するモーゼル川はドイツに入りライン河に合流します。モーゼル川沿いの斜面はかつてローマ人が作り上げた一面のブドウ畑でモーゼルワインの名称はご存知の方も多いのではないかと思います。休日を利用してワイン作りで有名な街、ベルンカステル/クース(Bernkastel/kues)を訪れましたが、そこで思いがけなく「日時計」を発見。駅前の小さなビルの庭先で見つけました。ガイドブックによるとブドウ畑には昔の「日時計」が点在しているそうです。ちなみに「日時計」はドイツ語でゾネンウアー(Sonnenuhr)と言います。(中央の写真:建物の後ろはブドウ畑。右の写真は街で見かけたドイツの古い郵便ポストです。)

P8100145sP8100121s_2P8100138s

« London City Airport | トップページ | ドイツの輸出ヒット商品「EEG」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186369/42368251

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツのワイン作りの街にも日時計が:

« London City Airport | トップページ | ドイツの輸出ヒット商品「EEG」 »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト