« ドイツの輸出ヒット商品「EEG」 | トップページ | ベルリン市内に500カ所の「スマート」用充電スタンドの設置を計画 »

2008年9月 6日 (土)

トリーア(Trier)

フランクフルトから西へ150KM、モーゼル川沿いに位置するこの町はドイツで最も古いローマ人の町として有名です。ここに居住したローマ皇帝は6人に及んだそうですが、中でもコンスタンティヌス帝(キリスト教を公認した「ミラノ勅令」で有名)が居住した頃(306-316)には、トリーアはアルプス以北で最大のキリスト教の拠点の町となりました。町にはローマ時代の遺跡「皇帝大浴場」(写真左)や「円形劇場」(同中央)が保存されており多くの観光客が訪れます。『資本論』を書いたカール・マルクス(Karl Heinrich Marx)はこの町で生まれました。右の写真は彼の生家です。ドイツを訪れる機会のある方にはトリーアはお勧めの観光スポットです。

P8090107s P8090106s P8090116s

« ドイツの輸出ヒット商品「EEG」 | トップページ | ベルリン市内に500カ所の「スマート」用充電スタンドの設置を計画 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186369/42399912

この記事へのトラックバック一覧です: トリーア(Trier):

« ドイツの輸出ヒット商品「EEG」 | トップページ | ベルリン市内に500カ所の「スマート」用充電スタンドの設置を計画 »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト