« フランクフルト発ビックリ体験談(2) | トップページ | International Organization for Standardization in Geneva »

2008年10月 1日 (水)

フランクフルト発ビックリ体験談(3)

さてガソリンスタンドの店長から書面を受け取った私はADACの運搬車に戻りそのままVW(フォルクスワーゲン)の修理工場に向かいました。幸いなことに自宅から徒歩5分のところに修理工場があるのです。到着すると運転手は私の車を運搬車から降ろして帰ろうとしました。しかし私は彼の手を掴んで「すみませんが事情を修理工場で説明してもらえませんか?」と頼みました。彼は快く了解して工場の担当者に事情を詳しく説明してくれました。そのあと私が彼に繰り返し御礼を言ったのは言うまでもありません。さて…翌日、修理工場から電話があり私は修理と点検を終えた車を引き取りました。費用は全てガソリンスタンドに請求するということでお金については解決です。さて当然のことながら車にはほとんど燃料(軽油)が入っていませんので私はそのまま車を運転して昨日のガソリンスタンドに向いました。スタンドに着くとこちらをじっと見る男性がいます。昨日給油を間違えたサービスマンです。彼がこちらへやってきました。「車は大丈夫ですか?」「ええこのとおり直りました」「すみませんでした」彼がはじめて謝りました。彼が言いました。「給油しましょうか?」ちょっと驚きましたが「Normal Diesel bitte!」(普通の軽油を入れてください)と言いました。目が合うと二人で笑って握手をしました。「昨日はすみませんでした。他のことに気をとられていたので…」「いいえ、私も時々間違いをしますから…」その時の彼の感謝に満ちた眼差しは忘れられません。その後彼から車の洗剤とフリスビーをもらいました。私は清々しい気持ちになってスタンドを後にしました。そして人を赦すことの大切さを学んだこの体験に深く感謝を捧げました。-終わり-(1EURのサービス料は請求されませんでした。念のため)

« フランクフルト発ビックリ体験談(2) | トップページ | International Organization for Standardization in Geneva »

コメント

良かったですね!
正に奇跡的体験をなさいましたよ。
こちら、西洋では昔から彼等の誇る(?)価値観として " 謝ったら負け"と信じられてるらしいので、子供達ですら「謝る」という観念がほとんどありませんからね。
その彼等の鉄の如き徹底した習慣を "謝る心境" へと、飴のようにねじ曲げられたのですから驚きです。
これもきっとスタンドのサービスマンの男性が、大塚先生の大調和の雰囲気に共鳴されたからに違いありません!
これでドイツには"謝ると得"との価値観が芽生えたのでは?
ほんとうにびっくり体験談でしたね(笑)

ローマからの書き込みに感謝いたします。今回の出来事はいろいろな教訓があったのですが、私は一度もミスをおかしたサービスマンや店長を怒ったり責めたりしませんでした。ただし主張すべきこと要求すべきことは淡々とそれを行いました。その結果二日間でこのややこしい(お金が絡んだ)問題が処理できました。良い経験をしたと思います。またドイツ語をさらに学ぼうというモチベーションのアップにもなりました。
11月に新しいイタリア語の『甘露の法雨』を持ってローマへまいりますので、その時にまた詳しくお話しさせていただきますね。よろしく。(笑)

ご無沙汰しております、茨城県でお世話になった中山です。
「聖使命新聞」10月号でこのブログを知りました。
お車でのトラブル大変でしたね!
事故もお怪我もなく、円満解決して本当によかったですね。
過誤と謝罪については業務上の問題として、日頃から慎重に取り扱っているところです。
毎月地元の医療専門の弁護士さんと勉強会をしており、
来月には関連学会のリスクマネジメント分科会で発表します。
>私は一度もミスをおかしたサービスマンや店長を怒ったり責めたりしませんでした。ただし主張すべきこと要求すべきことは淡々とそれを行いました。
さすが、大塚さん!!素晴らしいと思いました。
真理を実践すると、こういう行動になっていくわけですね。
また、楽しい体験談を教えて下さい!

中山さん!お名前を見てビックリしました。
お元気ですか?12年振りですね?
青年会時代は本当にお世話になりました。それにしても「聖使命新聞」は有難いです。こうやってかつての仲間達とも連絡が取れますので…。(及川さんのお顔が脳裏に浮かびます)

>毎月地元の医療専門の弁護士さんと勉強会をしており、来月には関連学会のリスクマネジメント分科会で発表します。

中山さんは生長の家の教えを職場や地域社会で実践される実行力のある方したね。これからも共に光明化運動を進めましょう。

もしもヨーロッパにおいでの機会があればいつでもご連絡ください。私の自宅はドイツのフランクフルト空港から車で20分です。
これからもブログを時々覗いてください。
中山さん。有り難う!

9年前、故郷に帰り総連会長だった母の後ろにひっこんで、組織活動から遠ざかっておりますが、大塚さんが欧州でご活躍だということだけは耳にしておりました。
ブログを通じてつぶさに活動のご様子を知ることができて、とても嬉しいです。
及川さんもいいお父さんになっていらっしゃるようです。
これからちょくちょくお邪魔致しますので、どうぞよろしくhappy01

そうですか、それではそろそろお母様の前に出て活躍される時期では?(笑)

天の岩戸を開くのは、このネットかもしれませんね。これからはネットを通しての伝道が大切になりますから。

いつでもお越しください。お待ちしております。


This artical is indeed excellent!

This is a good blog. Keep up all the work. I too love blogging and expressing my opinions. Thanks :)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186369/42651443

この記事へのトラックバック一覧です: フランクフルト発ビックリ体験談(3):

« フランクフルト発ビックリ体験談(2) | トップページ | International Organization for Standardization in Geneva »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト