« 多言語のヨーロッパ社会 | トップページ | ブラックソン純子さんを訪ねて »

2008年11月26日 (水)

「生長の家英国非法人社団」新代表者が選出される

11月22日ロンドンのNotting Hill Gateのキリスト教会で「生長の家英国非法人社団」の定期総会が開催され、新たな代表者(Chairperson)として、アディルソン・セラ・ツチ氏(ブラジル人)が選出されました。これまで代表者として献身してくださったジョゼ・オリンピオ・ピント氏に心からの感謝を捧げると共に今後のイギリスの国際平和信仰運動の発展を期待したいと思います。翌日の日曜日には早速ツチ氏の自宅で新しいボードメンバーが集まり来年のロンドンでの英語による一日見真会の開催計画が発表されるなど活発な意見が交換されました。なお新しいボードメンバーによる社団の運営は来年1月から始まります。(写真左は定期総会で議事を進めるグレイス・リエ・タケウチ副代表。中央の写真右が新代表者のアディルソン・セラ・ツチ氏(地方講師)、写真右は定期総会後に開催された誌友会の様子です。)

Pb230005sPb230010sPb230013s 

« 多言語のヨーロッパ社会 | トップページ | ブラックソン純子さんを訪ねて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186369/43238808

この記事へのトラックバック一覧です: 「生長の家英国非法人社団」新代表者が選出される:

« 多言語のヨーロッパ社会 | トップページ | ブラックソン純子さんを訪ねて »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト