« 谷口清超先生にお別れを告げて | トップページ | リヒテンシュタインからのメール »

2008年12月29日 (月)

フランクフルト、マイナス4.5度

左下の写真、何だか分かりますか?…今朝午前9時半のフランクフルトの気温はマイナス4.5度でした。車に乗ろうとしてフロントガラスを見ると美しい雪の結晶が・・・。ちょっと嬉しくなって写真をパチリ。なんだか心がふんわりと明るくなりました。午後になって娘が頬を赤くして帰って来ました。近くの公園の池に厚い氷が張ってその上で滑って遊んで来たそうです。日本と比べて長いヨーロッパの冬ですが、子供達にもいろいろと新しい発見があるようです。私ももっと素直に自然を見つめて神から与えられた恩恵に感謝しようと思いました。Pc290008s

« 谷口清超先生にお別れを告げて | トップページ | リヒテンシュタインからのメール »

コメント

結晶のような美しい模様が、温度や環境の変化によって自然と現れれてくるというのは当たり前のことですが、本当に嬉しくなりますようね。寒さが厳しい場所のようですが、どうぞお体を大切に、素晴らしい2009年をお過ごし下さい。

写真で紹介したのは樹枝状結晶(たぶん)ではないかと思うのですが、だとすれば-15°C位まで冷え込んだかも知れません。冬のドイツもなかなかイイですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186369/43571750

この記事へのトラックバック一覧です: フランクフルト、マイナス4.5度:

« 谷口清超先生にお別れを告げて | トップページ | リヒテンシュタインからのメール »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト