« パリの誌友会でガレット・デ・ロワ | トップページ | スカイプ誌友会の中間報告 »

2009年1月29日 (木)

ブラジルでの思い出

ヨーロッパに住むブラジル人の誌友の皆さんから度々メールが届くようになりました。はるばるブラジルから熱心に連絡をくださる方もいます。ポルトガル語の場合は英語が話せる方に翻訳していただき内容を理解してから返信したりしています。
ブラジルとの縁は1988年にブラジルの青年会全国大会に参加した時からです。その年の5月に松田巳代志教化総長(当時)が来日され青年会全国大会で体験談を話されました。それを聞いてブラジルへ行く決意をした私は7月にサンパウロへ飛んだのです。左の写真はサンマテウス(サンパウロ市)の誌友会場で体験談を発表した時のもの。当時は30歳で光明実践委員でした。通訳は藤永パウロ先生がしてくださり当時のメモには250名の参加者があったと記録されています。誌友会終了後に一人のブラジル人女性が控え室にやって来られて泣きながらお礼をおっしゃいました。「あなたが4日前に夢の中に出てきて気合いをかけたら私の病気が治りました」私は唖然としてただブラジルの人々の信仰の純粋さに感動した思い出があります。
ブラジルで「人類光明化運動」(1993年から「国際平和信仰運動」)に肌で触れ感動した私は帰路の飛行機の中でこの運動に生涯を捧げようと決意したのです。21年前のことです。(中央の写真がサンマテウスの誌友会の様子。右後方で合掌されている方がお礼を言って来られた女性と記憶しています。右の写真は誌友会場まで案内してくれたパトカーの警察官との記念のショット)

Brazil_in_198803 Brazil_in_198801 Brazil_in_198802

« パリの誌友会でガレット・デ・ロワ | トップページ | スカイプ誌友会の中間報告 »

コメント

 ぼくは、2001年9月にブラジルの青年会全国大会に参加させていただきました。
 ブラジルのことは日本でよく聞いていましたが、聞くのと自分が体験するのとは全然違いました。衝撃の全国大会でした。人類光明化という“人類”を強く強く感じました。

 機関誌『生長の家青年会』の3月号の向総長のインタビュー記事を読んで益々深く思うようになりました。

 今、青年会中央部は大塚さん、向総長のおかげで外国語熱が高まってきています。

 “人類”を視野に入れた思いが広がってきています。

先日機関誌『生長の家青年会』の2月号が届きましたので、田中青年会会長と向ラテンアメリカ教化総長との対談を興味深く読ませていただきました。私は1988年にブラジルへ行きましたが当時の資料を見ますと、向先生とお会いした時のメモが残っていました。「日本:1億3千万、ポ:1億4千万+5千万、ス:7億」と書かれています。たぶんこれは各言語を話す人の数だと思います。向先生は当時青年会員の私に外国語を学ぶことの大切さを促されたのだと想像します。

Guten Tag. Inzwischen ist wieder einige Zeit vergangen, ohne dass wir Kontakt hatten...^^;; ㅋㅋㅋㅋ
おひさ更新ですね☆ きっと先生はあまりにもの寒さに凍えて羽根がちぎれて羽ばたけずw ブログ冬眠されるのかと思ってましたよ^^
冗談はさておき、読めば読むほどにすごぉぉぉ~~~~い!!!!!!!!!って感じました♪
先生の行動力、夢を具現される経緯、そして現在のご活躍だけを見ても尊敬するに値する素晴らしいことなのに、21年前帰路の飛行機の中でこの運動に生涯を捧げようと決意される程の情熱がすでに心中にあったからこそ、ブラジル人女性の方が泣きながら控え室に来られてお礼と夢の話までされたのだと思います。 警察官の方が誌友会場まで案内して下さるなんて、それだけとっても本当にブラジルはすごいな~と思いました☆ ブラジルの理想世界も先日取り寄せて見ましたが、表紙や本の中の華やかさに眩しい光をいっぱい感じました♡ 色使いと構成のpowerも最高です♥
主人はブラジルの全国大会に参加した時、現地の知らない信徒の方から抱きつかれたといってました^.^w
何をとってもほんと情熱的な感じがいいですheart04
Ich wuensche dir auch ein schoenes Wochenende(^_^)//

Frau Yuri Koda
vielen Dank für den kommentar von dir.警察官の話ですが、誌友会場への道順がわからなくなったので通りがかりのパトカーの警官に尋ねたところ、なんと会場まで先導してくれたのです。これには私も当時本当にびっくりしました。そう言えば空港の案内嬢が『甘露の法雨』のネックレスをつけていたのにも驚きました。それから私もご主人と同じ経験をしました。誌友会場の入り口でブラジル人の幹部の方に抱き締められ数秒間呼吸が止まったのを覚えています。生きてて良かった。Danke, gleichfalls.

wow!!!!!!!
「甘露の法雨」ネックレス伝説は色々聞きます~★
サッカー選手もよくつけておられますよね(^_^)/
それから呼吸が止まるほど抱きしめられたんですね~!! 
Love songみたいでちょっとうけましたww
日本人ってハグしあう事とかに慣れてなかったりしますよね....(^_^);; 私は以前、フロリダの田舎にちょっとだけいましたが、何度もハグされてお母さんの白いブラウスやTシャツにピンクの口紅をプリントしまくりました....haha
韓国はそれ以上にすごいですけどねkkk
友達と初対面の日に一度に4人から抱きつかれました~ㅎㅎㅎㅎ

大塚先生から「お金を持っていなくても、ブラジルへ行こう!と決意したら旅費が出来たので来ました」とお聞きしたときはびっくりしました。信念にあふれた先生のお言葉は、ブラジルの青年たちにも大きな刺激と夢を与えてくれました。
パトカーの先導で会場まで行けたことも懐かしい思い出です。
その情熱がヨーロッパの光明化運動・国際平和信仰運動にさらに強く燃えているのですね。お元気でご活躍ください。

藤永パウロ先生
その節は大変お世話になりました。先生の通訳のお蔭でなんとか体験談の役目も果たすことができました。今こうしてヨーロッパで光明化運動をさせていただけるのも当時の皆さんの御愛念があったればこそと思います。サンパウロで食べたピザの味は絶品でした。ドイツで時々思い出します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186369/43893675

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルでの思い出:

« パリの誌友会でガレット・デ・ロワ | トップページ | スカイプ誌友会の中間報告 »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト