« フランクフルトの賃借事務所 | トップページ | 初のロンドン英語セミナーに94名が参加 »

2009年5月24日 (日)

グーテンベルク聖書

フランクフルトの事務所をインターネットを使って見つけて下さったのはノーベルト・フィッシャーさん(「社団法人ドイツ生長の家誌友会」副理事長)ですが、フィッシャー氏はマインツという町に住んでいます。マインツは活版印刷機を使って聖書を印刷したことで知られているヨハネス・グーテンベルクが生まれた町として有名です。町の中央のグーテンベルク博物館を休日を利用して訪ねてみました。1455年に印刷され博物館に保存されている聖書(『四十二行聖書』)は世界に48~49冊ほどしか残っていないそうですが、アジアでは唯一日本に保管されていると聞きました。残念なことにこの歴史的な聖書は写真撮影できませんでしたが実物をまぢかに見ることが出来て感動しました。写真は当時の印刷機の複製と博物館職員による実演の様子です。(マインツまではフランクフルトから車で30分ほどです。)

P5230057s P5230064s

« フランクフルトの賃借事務所 | トップページ | 初のロンドン英語セミナーに94名が参加 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186369/45117185

この記事へのトラックバック一覧です: グーテンベルク聖書:

« フランクフルトの賃借事務所 | トップページ | 初のロンドン英語セミナーに94名が参加 »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト