« パリの日本食レストラン | トップページ | 小さな生き物を大切にする »

2009年6月10日 (水)

肉体を越えて

最近のニュースで全盲ピアニストの辻井伸行(つじいのぶゆき)さんがアメリカのバン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝したことを知ったので、早速ユーチューブで彼の演奏を聞きました。感動しました。また、日本IBMの浅川智恵子さん(全盲)が技術者の最高職位の「フェロー」に任命されたことを知りました。IBMのフェローは役員待遇で世界に75名いるそうです。肉体のハンディを越えて活躍される方々を見て人間の無限の可能性を、そして人生の素晴らしさを実感しました。私たちはまだまだ出来るのです。本当にそう思いました。

« パリの日本食レストラン | トップページ | 小さな生き物を大切にする »

コメント

辻井君のピアノは素晴らしいものでしたが、お母さんの万感の思いを込めて仰った言葉が忘れられません:
「私の子供に生まれてくれて有難う!」

ヴォイガート立子

そうですね。私も感動しました。「もしも目が見えたら?」との質問に、「両親の顔が見たい」とおっしゃったそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186369/45298568

この記事へのトラックバック一覧です: 肉体を越えて:

« パリの日本食レストラン | トップページ | 小さな生き物を大切にする »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト