« VW(フォルクスワーゲン)の電気自動車 | トップページ | IBMノートPC「T42」 »

2009年9月29日 (火)

メルセデスベンツの開発した燃料電池車

それは、ベンツが出品した水素を燃料とする燃料電池車です。2年前のモーターショーでBMWが同様の燃料電池車「Hydrogen 7」を出品していましたので、またコンセプトカーかと最初思いました。しかし仕様説明を読んで驚きました。来年2010年の初頭から手渡すと書かれています。(写真右)半信半疑で係員に説明を求めました。すると2年間かけて試乗を行いこの間に政府と水素ステーションの設置計画を進める。その後一般向け販売すると胸をはって答えるのです。彼の言うことが本当だとすればドイツでは3年後には燃料電池車が走り回るということになります。水素が燃料ですから当然CO2の排出はゼロです。水素タンクが邪魔であろうと思いましたが説明図を見ると3本のボンベが座席の下に並べられています。これで400Km走るとすれば航続距離の問題はかなりクリアしたことになります。問題は係員が言ったように水素ステーションのインフラですが、ベンツがここまで開発したとすればドイツは国の威信をかけて燃料電池車の実用化を進めている可能性があります。(ヨーロッパでは長距離を定速走行することが多いので航続距離が長いことは重要です。それから旅行の為に荷物を多く積みますのでトランクスペースの確保が実用車の大切な条件だと思います。)

P9240089s P9240086s

« VW(フォルクスワーゲン)の電気自動車 | トップページ | IBMノートPC「T42」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186369/46346371

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスベンツの開発した燃料電池車:

« VW(フォルクスワーゲン)の電気自動車 | トップページ | IBMノートPC「T42」 »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト