« メルセデスベンツの開発した燃料電池車 | トップページ | ヨーロッパから初の「生長の家海外研修生」 »

2009年10月 9日 (金)

IBMノートPC「T42」

私がドイツで使用しているノートPCは2005年の赴任時に購入した「IBM-T42」です。4年半使って来ましたが最近動作が遅くなったのでメモリを512MBから1GBへ増やしました。さらに40GBのハードディスクがすでに満杯状態でしたのでフランクフルトの業者のT氏に相談すると新しいハードディスクにそのままコピー出来るというのです。そこで安いものを探してもらい120GBの新品に交換しました。お蔭で使い勝手は最高です。(もうサクサクという感じです)ところがT氏の説明によると古いハードディスクには傷がありもう少しでハングアップするところだったと言うのです。危機一髪、助かりました。とにかく海外で仕事をしているとパソコンが非常に重要でこれがないと仕事になりません。私の場合は誌友会などでもほぼ100%パワーポイントを使って講話をしますので必須なのです。
ところでノートPCの寿命にはハードディスクの他にもう二つの要因があると考えています。それはバッテリー電池とスクリーンの寿命です。私のPCのバッテリーは4年以上使ってもまだ十分使用可能のようです。その理由はどうやら使い方が良かったようで、①時々バッテリーのみでPCを使用して来た。(バッテリーの充電・放電を繰り返して来た)②PCを使わない時は電源コンセントを外していた。(フル充電の状態で電源をつないでいなかった)ことが良かったようです。しかしバッテリーはいずれ寿命が来ますし古いノートPCのバッテリー電池は生産中止で手に入りにくくなりますからそろそろ購入も考えています。スクリーンが消えたらもうこれは買い換えるしかありませんね。(大切に使おうっと。)以上、皆さんのご参考になれば…。

« メルセデスベンツの開発した燃料電池車 | トップページ | ヨーロッパから初の「生長の家海外研修生」 »

コメント

大変参考になります!
平成の初めのころ、雅宣先生のご指導でパソコン通信を始めて、今、4台目のノートPCを使って、カキコミしています。
3台目があまりに寿命が短かった原因はそこにあったのですね!!
あのとき、青年会でPC通信を始めていたおかげと思うことしばしば!
本当に活きて役立つ教えです!!
(中山です、以後ハンドルネーム「ひまわり」でおじゃまします)

青年会時代にパソコン通信を始めた頃はダイヤルアップ接続が主流でした。出張してホテルから電話回線からNiftyのアクセスポイントに接続したのが懐かしいです。

今では自宅からでも職場でも自由にインターネットを使ってデータ送信ができるようになったのは夢のようですね。

ひまわりさん今後ともネットでお付き合いをよろしく!

ひまわりさん、私もごぶさたしておりました!!覚えてますかあ? Minamotoです。青年会部時代はたいへんお世話になりました。2007年に日本に帰国しご縁があり再び本部に戻りました。今度は国際部です!主に大塚さんのドイツでのお仕事をサポートさせていただいておりますo(*^▽^*)o ふふふ
こちらでお会いできてうれしいです。日本にもどってなつかしい仲間達と再会したり、普及誌等で記事を拝見するのがひとつの楽しみになっています!!どうぞよろしく!!happy01

背のお高いminamotoさーん
お懐かしいです!
素晴らしいご活躍に感動しています。
これからもよろしくお願いします!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186369/46438888

この記事へのトラックバック一覧です: IBMノートPC「T42」:

« メルセデスベンツの開発した燃料電池車 | トップページ | ヨーロッパから初の「生長の家海外研修生」 »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト