« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月10日 (土)

ヨーロッパから初の「生長の家海外研修生」

10月4日(日)フランクフルト発午後8時45分のANA便でギド・ビュルクナー氏がヨーロッパから初の「生長の家海外研修生」として日本へ旅立ちました。私は午後5時15分にギド氏の住むゲルンハウゼンに到着して彼の荷物をピックアップ。その後ギド氏と彼の父親のヨースト・ビュルクナー氏を乗せて一路フランクフルト空港へ向かいました。空港の駐車場からカートに荷物を載せて出発ロビーへ移動。チェックインカウンターで「手荷物は40KgまでOKとの了解を得ています」とおそるおそる言うと(エコノミークラスは20Kgがリミット)、「ギドさんなら全然問題な~し」と受付の女性はニコニコ顔です。そう言えばギド氏は大学に通いながらフランクフルト空港のANAに7年間勤務していたことを忘れていました。ANAの担当者は皆彼の友人だったのです。7時15分新井恵美子さんが見送りに駆けつけてくれました。写真は空港内のケーファー(Käfer:甲虫)という名の店でコーヒーを飲んでいるところ。ちなみにマリーエンケーファー(Marienkäfer)と言えばテントウムシのことです。マリア様の甲虫はこちらでは幸福のシンボルと聞きました。ギドさん、生長の家海外研修生おめでとう!

Pa050026s

2009年10月 9日 (金)

IBMノートPC「T42」

私がドイツで使用しているノートPCは2005年の赴任時に購入した「IBM-T42」です。4年半使って来ましたが最近動作が遅くなったのでメモリを512MBから1GBへ増やしました。さらに40GBのハードディスクがすでに満杯状態でしたのでフランクフルトの業者のT氏に相談すると新しいハードディスクにそのままコピー出来るというのです。そこで安いものを探してもらい120GBの新品に交換しました。お蔭で使い勝手は最高です。(もうサクサクという感じです)ところがT氏の説明によると古いハードディスクには傷がありもう少しでハングアップするところだったと言うのです。危機一髪、助かりました。とにかく海外で仕事をしているとパソコンが非常に重要でこれがないと仕事になりません。私の場合は誌友会などでもほぼ100%パワーポイントを使って講話をしますので必須なのです。
ところでノートPCの寿命にはハードディスクの他にもう二つの要因があると考えています。それはバッテリー電池とスクリーンの寿命です。私のPCのバッテリーは4年以上使ってもまだ十分使用可能のようです。その理由はどうやら使い方が良かったようで、①時々バッテリーのみでPCを使用して来た。(バッテリーの充電・放電を繰り返して来た)②PCを使わない時は電源コンセントを外していた。(フル充電の状態で電源をつないでいなかった)ことが良かったようです。しかしバッテリーはいずれ寿命が来ますし古いノートPCのバッテリー電池は生産中止で手に入りにくくなりますからそろそろ購入も考えています。スクリーンが消えたらもうこれは買い換えるしかありませんね。(大切に使おうっと。)以上、皆さんのご参考になれば…。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト