« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月26日 (木)

ピカデリーラインが止まる

11月22日(日)はロンドンで生長の家地方講師試験が行われました。ヨーロッパで同試験が開催されたのは12年振りのことですので新地方講師の誕生が期待されます。前日の21日にはNottig Hillのキリスト教会で誌友会があり講話をしましたが日本から田口さんご家族(東京第一)がお越しくださいました。田口さん、有り難う。(写真左)…さて、話はこれからです。23日(月)の朝Earl's Court近くのホテルを出発して地下鉄のピカデリーラインに乗りヒースロー空港に向かいました。ところが、途中のActon Town駅で停車したまま動きません。駅員に尋ねると事故が発生したようで1時間は停車するだろうとの返事。さて困りました、このままでは帰りの飛行機に間に合いません。改札口を出てCab(タクシー)の案内所へ行きましたが長蛇の列。おまけに無線で呼んでも30分以上はやって来ないとの説明です。う~むと天を仰ぎました。と、駅前の通りに目をやると一人の若い女性が立っています。どうやら彼女も地下鉄から降りて困っているようです。思い切って尋ねてみました。「どちらへ行かれますか?」「ヒースローの近くです」話し込むと、なんと彼女はドイツ人でした。「同じ方向ですから一緒にキャブを拾ってまいりましょう」というわけで、二人で祈るような気持ちでタクシーが通るのを待ちました。10分ほど待つと運良く1台のタクシーが通りかかりました。綺麗な彼女が手を振るのを運転手が見逃すはずがありません。停車したタクシーに急いで二人で乗り込みました。タクシーの中でまたおしゃべりです。彼女は今年の5月に日本へ行ったそうです。感想を聞くと日本のトイレは水が飛び出して来るし(洗浄便座のこと)、音楽は鳴り出すしでたまげたそうです。タクシーの運転手も一緒に大笑いしました。別れ際に、彼女に丁度発行されたばかりの『LICHTQUELLE』誌(生長の家のドイツ語の季刊誌)をプレゼントしました。彼女もタクシーに乗れたお蔭で約束の会議に間に合ったようでした。めでたしめでたし。もちろん私も予約の便に間に合いました。感謝。(中央の写真はロンドン名物のCab、右の写真は最新版の『LICHTQUELLE』誌)

Pb220047s R0011236s_2 Lichtquelle_200902

2009年11月12日 (木)

「ハチドリのひとしずく」

生長の家海外研修生になったギド・ビュルクナー氏がときどき「西友」へ買い物に行っていると聞きました。彼はマイバッグを持参するので買い物の際に2円の割引があるそうです。西友では2007年からマイバッグの持参をお客さんに呼びかけ始め2年間で持参率が50%になったといいますから大したものです。西友がはじめたハチドリキャンペーンの記事が「日経Eco Japan」のサイトに紹介されていることをフランクフルトの事務所に勤務するヴォッベ洋子さんから聞いてアクセスしてみました。西友が販売するマイバッグ「ハチドリくん」はハチドリのデザインをあしらったもので「I am only doing what I can do.(私は、私にできることをしているだけ)」というメッセージが入っています。さて、この言葉の由来は?興味のある方はサイトを覗いて見てください。ヨーロッパの誌友会でこの記事を紹介したところ参加者の皆さんから結構反響がありました。「南アメリカの先住民」に伝わる話というのが心に訴えるようです。地球の為にまず自分が出来ることから・・・、ですね。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト