« ヨーロッパから初の「生長の家海外研修生」 | トップページ | ピカデリーラインが止まる »

2009年11月12日 (木)

「ハチドリのひとしずく」

生長の家海外研修生になったギド・ビュルクナー氏がときどき「西友」へ買い物に行っていると聞きました。彼はマイバッグを持参するので買い物の際に2円の割引があるそうです。西友では2007年からマイバッグの持参をお客さんに呼びかけ始め2年間で持参率が50%になったといいますから大したものです。西友がはじめたハチドリキャンペーンの記事が「日経Eco Japan」のサイトに紹介されていることをフランクフルトの事務所に勤務するヴォッベ洋子さんから聞いてアクセスしてみました。西友が販売するマイバッグ「ハチドリくん」はハチドリのデザインをあしらったもので「I am only doing what I can do.(私は、私にできることをしているだけ)」というメッセージが入っています。さて、この言葉の由来は?興味のある方はサイトを覗いて見てください。ヨーロッパの誌友会でこの記事を紹介したところ参加者の皆さんから結構反響がありました。「南アメリカの先住民」に伝わる話というのが心に訴えるようです。地球の為にまず自分が出来ることから・・・、ですね。

« ヨーロッパから初の「生長の家海外研修生」 | トップページ | ピカデリーラインが止まる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186369/46743362

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハチドリのひとしずく」:

« ヨーロッパから初の「生長の家海外研修生」 | トップページ | ピカデリーラインが止まる »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト