« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月11日 (月)

初めてのドイツ語講話

2010年1月8日は忘れられない日になりました。ウィーンのエリザベス・ギューベルさん宅の誌友会でドイツ語の講話にチャレンジしたのです。もちろんほとんどは原稿を読み上げただけですが、オーストリア人の皆さんに現地の言葉で話が出来た喜びはこれにまさるものはありませんでした。言葉の壁をひとつひとつ乗り越えて行く努力と喜び…これは海外で生活する者の生き甲斐でもあります。しかし母国語にない発音を学ぶのはやはり大変です。たとえばドイツ語にはウムラートというのがあります。ドイツ語では、(ä)(ü)(ö)のように表記され(ä)は、アーウムラートと言って英語表記では(ae)となります。 2005年に日本を発つ前に東京の秋葉原へドイツの生活で使う電器製品を買いに行ったことがあります。その時に電気店のウィリー氏というシンガポール人があまりにも日本語が上手いのでどうしてそんなに上手いのか尋ねました。彼曰く、「日本に来てから毎日ひたすらテレビを見続けました」。そこで「へえ~」と感心したことが思い出されます。10日の日曜日にフランクフルトに戻りましたが、週末のヨーロッパは大雪のために航空機のダイヤが乱れました。フランクフルト空港も200便以上欠航したほどでしたが、私の便は運良く40分の遅れで無事にドイツに戻りました。Danke schön ! Deutschland!Danke schön ! Seicho-No-Ie!(写真は雪にけむるウィーン空港、空港内はモスクワやサラエボへ向かう便のゲートに長い搭乗客の列ができていました)

P1080064s P1100073s

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト