« クリスマスのオーナメント | トップページ | 雪のフランクフルト »

2010年1月11日 (月)

初めてのドイツ語講話

2010年1月8日は忘れられない日になりました。ウィーンのエリザベス・ギューベルさん宅の誌友会でドイツ語の講話にチャレンジしたのです。もちろんほとんどは原稿を読み上げただけですが、オーストリア人の皆さんに現地の言葉で話が出来た喜びはこれにまさるものはありませんでした。言葉の壁をひとつひとつ乗り越えて行く努力と喜び…これは海外で生活する者の生き甲斐でもあります。しかし母国語にない発音を学ぶのはやはり大変です。たとえばドイツ語にはウムラートというのがあります。ドイツ語では、(ä)(ü)(ö)のように表記され(ä)は、アーウムラートと言って英語表記では(ae)となります。 2005年に日本を発つ前に東京の秋葉原へドイツの生活で使う電器製品を買いに行ったことがあります。その時に電気店のウィリー氏というシンガポール人があまりにも日本語が上手いのでどうしてそんなに上手いのか尋ねました。彼曰く、「日本に来てから毎日ひたすらテレビを見続けました」。そこで「へえ~」と感心したことが思い出されます。10日の日曜日にフランクフルトに戻りましたが、週末のヨーロッパは大雪のために航空機のダイヤが乱れました。フランクフルト空港も200便以上欠航したほどでしたが、私の便は運良く40分の遅れで無事にドイツに戻りました。Danke schön ! Deutschland!Danke schön ! Seicho-No-Ie!(写真は雪にけむるウィーン空港、空港内はモスクワやサラエボへ向かう便のゲートに長い搭乗客の列ができていました)

P1080064s P1100073s

« クリスマスのオーナメント | トップページ | 雪のフランクフルト »

コメント

cloud
イッヒ ビーン アイン キンツー ゴテス 初めてのドイツ語の講話おめでとうございます。私もヨーロッパの練成会の時、ドイツ語でこれだけ言いました。なんとか通じたようでした。あと書道を子供が喜びんだのが想い出されます。その時の硯と筆をそちらの祈願担当で使っていただいてると聞きました。現在、私も「ゆには練成道場」で神癒祈願も担当しています。明日から「いのちのゆには一般練成会」です。参加の皆様にそちらの様子を紹介させていただきます。
 BSニュースでもヨーロッパの寒波は報道されています。お体を大切にお過ごし下さい。(MH)happy02

HONDA seinsei
現地の言葉を少しでも覚えて話すというのは心の通い合いという意味で素晴らしい方法だと思います。外国語を学ぶ方法はいろいろとあると思いますが、私は毎朝の神想観(基本的)を日本語・英語・独語の三つで実修するようになってから徐々に外国語が舌に乗るようになって来ました。Ich bin ein Kind Gottes!ですね。
福岡は天候は如何でしょう?今朝のフランクフルトはマイナス4度で比較的暖かいです。一面の雪景色がとても綺麗です。
先生もますますお元気でご活躍ください。代表者会議でお会い出来るといいですね。(Yuji.O)

福岡は小雪混じりの曇り日です。明日の予報は雪です。代表者会議には参加の予定です。お会いできることを楽しみにしています。

 初のドイツ語でのご講話、おめでとうございます! 生長の家の歴史の中で、本部講師がドイツ語で講話をしたのは初めてではないでしょうか。

 ドイツ語の難しさは英語の比ではないと思います。これまでのご努力の賜と、心からお喜び申し上げます。

 ところで3カ国語で神想観をされているとのことですが、これは今日は日本語、明日は英語、次はドイツ語というふうにされているのでしょうか、それとも1回の神想観で3カ国語でされるのでしょうか?

 阿部 哲也

Abe Tetsuya sama
神想観のことですが1回の神想観の中で三つの言語で実修するようにしています。世界平和の祈りも日本語・英語・独語で祈るようになってもう3年になります。ところで生長の家の事務所がフランクフルトに移転した関係で車のナンバープレートを交換しました。新ナンバーは「AT ****」でした。見た瞬間Abeさんの頭文字でびっくりしました。
(Yuji.O)

sun
1月17日AM11:45
本日のゆには一般練成会でヨーロッパの様子をプロジェクターで紹介させていただき、参加者から喜ばれました。
 先日、103才でラジオ講座で勉強し、外国語で日記をつけている昇地三郎氏の講演会に行ってきました。ホームページもあります。またよろしくお願いします。
http://blogs.yahoo.co.jp/shiinomi100/folder/1481868.html

ヨーロッパの国際平和信仰運動の様子をご紹介いただき感謝いたします。こちらの運動はまだまだこれからですが一歩一歩前へ進んでいる感じです。昇地三郎氏のことは初めて知りました。驚いたのは100歳を越えるご高齢にもかかわらず、長時間の飛行機での移動と時差をものともせず海外へ出かけておられる体力です。外国語への学習意欲もさることながら、私はそのことにびっくりしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186369/47270505

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのドイツ語講話:

« クリスマスのオーナメント | トップページ | 雪のフランクフルト »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト