« 雪のフランクフルト | トップページ | なまくらの神想観をなすべからず »

2010年2月21日 (日)

これが僕の愛です

午後からフランクフルトの事務所で行う学習会と誌友会のパワーポイントスライドの準備が終わったので家内から頼まれて卵を買いに出かけました。自宅近くの卵屋は新鮮な空気を味わいながら散歩するのに丁度よい距離にあります。しかしとにかく寒い。「寒気」、「歓喜」と一人つぶやきながらふと大きな木を見上げるとリスがいました。リスを見かけるとその愛らしい仕草に優しい気持ちになるのは僕だけではないでしょう。…卵を買って帰り道、またもう一匹のリスに出会いました。今度は道路を跳ねるように横切って行きました。と、しばらく行くと次は墓地の塀の上を駆けていくリスを発見!わずかな時間に3度もリス君に会えるとは。これって何かのプレゼント?アリガトウゴザイマス。自宅について家内に買ってきた卵を渡しました。「これが僕のアイです」 家内もにっこり「あなたが買い物に行っている間に誌友会に持って行くみたらし団子ができました」(ドイツ語で卵は“Ei”アイと言います。写真は自分の尻尾を布団のようにして暖まるリス…です。愛くるしいでしょ?)自然の恵みに感動と感謝の毎日です。

Pc110061s

« 雪のフランクフルト | トップページ | なまくらの神想観をなすべからず »

コメント

うわ~!!
小説のタイトルかと思ったら...
日常が短編童話みたいですねっ☆
リスの写真もご文章もすべてがキュンですheart01
ドイツ語で卵がアイなんですね~。
覚えましたw
ちなみに韓国語でアイは子供です^^

リスはカメラ向けても逃げないんですね^^?!
昨日、私は京都での講習会が終わってから
帰りに伏見稲荷を訪れまして、、
沢山のきつね(喜常)に会いました~笑shine

韓国語でアイは子供のことなんですね。僕も覚えました。こうやって語彙を増やして行くのは楽しいですね。
リスは用心深くてすばしっこい動物なので、なかなかカメラにおさめるのは大変なんですよ。
KODAさんは京都で行われた講習会に参加されたのですね。京都に住む僕の妹家族も参加したようです。3月は大阪で講習会があるので交野市に住む母が今推進に張り切っているようです。
きつねは喜常ですか?今度日本できつねうどんを食べる時は思い出して喜んで食べます。

2月22日am8sun
リスは、富士山に登っていた頃、よく出会いました。ドイツでは、日常に出会うと言うことは、自然と人間が共生しているということですね。本部でお会いできることを楽しみにしています。アイはあなたのリスなーです。
ドゥ ビスト アオホ アイン キントゥ
ゴテェスhappy01

本田先生。そうなのです、僕はフランクフルトの中心から地下鉄で20分ほどのところに住んでいますが自然の豊かさを日々味わって生活しています。代表者会議でお会いできますね。よろしくお願いいたします。

リスはやっぱり難しいんですね~!
なのに、アングル的にもばっちしですねっheart04
しっぽも瞳もポーズも可愛いですTTTT
あっ、3月の大阪も行きますよ~lovely
関西エリアの講習会はいつも制覇していますっ☆w
喜常は伏見稲荷のお土産屋さんで、常に喜びましょう...にかけてポップが出ていたので頂きました~^^shine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186369/47626364

この記事へのトラックバック一覧です: これが僕の愛です:

« 雪のフランクフルト | トップページ | なまくらの神想観をなすべからず »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト