« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月19日 (月)

ヨーロッパの火山灰拡散と各国の空港の状況

表題に興味のある方はクリックしてみてください。http://nyti.ms/aZJuMh

2010年4月17日 (土)

自然からのメッセージ?

ご存じのとおりアイスランドの火山爆発の影響で火山灰がヨーロッパ各国の空を覆い私の住むフランクフルトの空港もほぼ閉鎖の状況です。今日(土曜日)の夜と明日にジュネーブで誌友会があるので空港に到着したもののご覧(写真)のとおりほとんどの便が欠航です。空港の係員とこんな会話をしました。「明日のコンディションはどう思う?」「それは誰も分かりません」「天候次第ということ?」「そう僕たちは雨が降ればと願っていたね」「火山灰が落ちるから」「そう、でもこの晴天では…。信じられないのはこの前までは毎日雨が降っていたことだよ」「たしかに不思議ですね」「僕は宗教的な人間だからこれには意味があると思う」「それは自然からのメッセージとかそういう意味かな」「そう。そう。」
二日間の空港閉鎖でたしかに大勢の人が困っている。しかし、その間に排出されずに済んだCO2の量は?飛行機雲のないフランクフルトの空を見上げてこんなに美しい空を見たのはドイツに住んで初めてだと思った。(写真はフランクフルト空港の電光掲示版を撮影する男性を撮影する放送局のカメラマン)

P4170070s

2010年4月 3日 (土)

第20回ヨーロッパ生長の家幹部研修会に44名が参加

ドイツのノイシュタット・ヴァインストラッセ市で第20回ヨーロッパ生長の家幹部研修会が開催され、ドイツ人、日本人、ブラジル人、イギリス人、フランス人の合計44名の幹部(その他18歳未満の参加者5名)が集まりました。指導講師として昨年に引き続いて辻田昌司本部講師(教化・講師部講師課長)をお招きすることができました。今回は地方講師と伝道員が多く集まったことと、プログラムの中でインターネットを利用してスカイプで国際本部と結び、ギド・ビュルクナー海外研修生が挨拶を行うなど、ウェブを利用した運動の可能性を紹介したことが特徴でした。日本の「Postingjoy」にも参加者は関心を寄せておられました。同じような外国語の投稿サイトが開設されれば今後世界中の生長の家のメンバーからの投稿が期待できると感じました。ウェブを通じて光明化運動が波状的に広がって行くような気がします。中央の写真はスカイプを通してドイツ語で挨拶するギド氏。右の写真は「自然の中で神の恵みに感謝する」のテーマで全員で訪れたハンバッハ城です。城からは徒歩1時間の道程を歩いて会場まで戻りました。

P3280119s P1050658s P1050679s_4

« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト