« 世界の「母の日」 | トップページ | ヨーロッパで二つの練成会とワークショップ »

2010年6月 2日 (水)

ベルギーのGENTへ

ベルギーのGENTで見真会が開催されることになったのでフランクフルト発ブリュッセル行きの列車に乗りました。ところが車内アナウンスでいきなり1時間のディレイを告げられました。「皆さん。この列車は詳しい理由は不明ですが(ライン)河沿いをケルンまでまいります」…耳を澄ましていると前の座席のドイツ人の会話が聞こえて来ました。「これは幸運なの?それとも不運?」「それは両方です」「?…」「説明しよう。ケルンへ行くには二つのルートがある。一つは河沿いの景色が美しいルート。もう一つは普通のルート」「なるほど」「河沿いは景色が綺麗だけど時間かかる。普通のルートだと1時間で行くところを2時間かかるからね。だから幸運でもあり不運でもある」このあとはご想像とおり笑いで包まれました。列車は90分の遅れでケルンに到着しました。僕はこれは「幸運」であると決めてライン河沿いの景色をじっくりと楽しんだ次第です。こちらに住んで5年。ヨーロッパでは交通機関の遅延はざらにあるので慌てなくなりました。(左の写真は車窓から撮影したライン河、右上に古城が見えますね。あとの2枚はベルギーのGENT市内で撮影。ベルギーワッフルが見えますか?)→2分間の動画

P5290103s P5310111s P5310120s

« 世界の「母の日」 | トップページ | ヨーロッパで二つの練成会とワークショップ »

コメント

素敵な写真をありがとうございます。
何が起こっても「善い方」にとって
日時計主義でまいります!
今日も素晴らしい記事をありがとうございました。

おはようございます♪
私も一緒に旅をしたような気持ちで拝見しました。
ありがとうございます。
「日時計主義は、実相顕現の運動です。」と、谷口雅宣総裁先生のご文章を拝読したばかりでした。
すべて善きことなのですね。
昨日は、keikoさんのところで神様からステキな出会いを戴きまして感激しました。
さらに奥様からのコメントまでお伝え戴いて、とても嬉しい思いです。
これからもよろしくお願いいたします。
猫ちゃんを見て下さって、ありがとうございます。

Keikoさん、岡さん
ブリュッセルへは飛行機でも行けるのですがCO2のことを考え電車にしました。
「四無量心を行ずる神想観」を今ドイツの信徒の方がドイツ語に翻訳中です。夏の練成会で発表の予定です。
今日も、地球のことを考えながら生活しま~す。いつも私のブログを見てくださって有り難うございます。これからもヨーロッパの様子をご紹介します。合掌

自分のコントロールできない状況になることはよくありますが、そのとき、その状況を嘆くのか、利用するのかによって物事が変わってきますよね。利用するという言葉、英語ではTake advantage ofというのは、チャンスを利用するといういい意味の場合と、人のスキに乗じるというような悪い意味の二つがありますが、人生は常に機会を利用するということが勝利への秘訣ですよね。ビデオまで載せてくださり、ありがとうございました。

遅延が生んだ幸運動画☆
見させて頂きました!!

おひさしぶりです~(^^*)/

車窓から見える風景も、こうして動いていると何度見ても飽きないですよね☆
わたしもやってみよーっと。

ちらって見える古城も、その隣りのおもちゃのような建物も、ワッフルもヨ~ロピアンな風が吹いててステキです。

また古城シリーズもお願いします(切実^^)

お姫様気分になれるのでお城見るのが大好きです><笑

marioさん
たしかに何かハプニングが起こった場合動かなければならない時と動きようの無い時がありますね。今回の場合は後者でした。そんな時は今(present)を神様からのプレゼントと気軽に考えるようにしています。ビデオがお役に立ったでしょうか?今後ともよろしくお願いいたします。
Yuri Kodaさん
初めて動画をアップロードしてみました。デジカメで録画したAVIファイル(101MB)をAny Video Converter というフリーソフトでFLVファイル(9.5MB)に変換できたからです。新しい技術を習得出来て満足しています。今後も時々動画をアップしますね。もちろんお姫様向けの古城のムービーも。

 大塚さん、お久しぶりです。
 ライン川は中学の時から憧れていた川です。いつか行って、ライン下りをしてみたいと思っていました。
 今日は動画を見ることができてラッキーでした。
 また、ヨーロッパの景色をよろしくお願い致します。

Tanaka さん
そうですか、ライン川観光にいつか是非お越し下さい。特に6、7月はヨーロッパは観光に最適なシーズンです。ライン川沿いで生産されるワインは「ライガウワイン」の名称で有名です。いつかワインも召し上がってくださいね。

ベルギーでの見真会の盛況をお祈りいたします。

美しいライン川を眺めながらの旅行となったこと、幸運でしたよね。
きっとベルギーでの見真会が祝福されているからではないでしょうか?

動画を通して、私も2分間お供できました。
ワッフルも味わいたかったです。。。

Kajihara さん。お久しぶりですね。お元気ですか?イタリアの話ですがトリエステに(ビルマさんの住んでいる)英語の話せるブラジル人が見つかりました。今年はイタリアの誌友会を指導に出かけるつもりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界の「母の日」 | トップページ | ヨーロッパで二つの練成会とワークショップ »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト