« Seicho-No-Ie Online Portugal | トップページ | モンゴルの青年と環境問題を語る »

2010年9月22日 (水)

シャルルドゴール空港のシャトルトレイン

フランスのシャルルドゴール空港のターミナル間の移動はシャトルトレインが完成して便利になりました。写真左をご覧いただくと分かるようにターミナル1からターミナル3を通ってターミナル2に到着します。ターミナル3から駐車場PXまでの動画を撮影しましたので視聴してみてください。→1分40秒の動画 最後にフランス語と英語の案内が聞こえて来ます。中央の写真は離陸前のエアフランスの機中で撮影したもの。通路からコックピットが見えますね?さすがエアーフランスはオープンだなあと変なところに感心しました。ルフトハンザではあり得ない光景だと思います。さて話は変わって日本では夏の風物詩と言われるアサガオですが、ドイツに来て5年、そういえばアサガオを見かけたことがないことに気がつきました。ところが今年の夏に訪れた南仏でたまたまアサガオ発見してカメラにおさめました。(写真右)品種をネットで調べましたがどうも予想していた西洋アサガオ(ヘブンリーブルー)ではないようです。写真で比べると琉球アサガオに似ています。

P9190004s P8120014s P8070307s

« Seicho-No-Ie Online Portugal | トップページ | モンゴルの青年と環境問題を語る »

コメント

 お久しぶりです。
 キャビンからコックピットが見えるなんてすごいですね(笑)私も感心しました。

先日、施設の子供たちも特別支援学校の修学旅行で飛行機を利用しました。

大丈夫かな・・・?と心配していましたが、特に問題なく楽しんで帰って来てくれたようです。

子供たちも普段、なかなか見れない飛行機を喜んでくれたと思いますが、エールフランスのようにコックピットが見れたらもっと喜んでくれたのかな~(笑)と画像を見て思いに耽りました。


橋本さん。
そうですか飛行機での旅はきっと子供たちにとって楽しい思い出になったでしょうね。
外国語の勉強の方は如何ですか?学びたい外国語の『甘露の法雨』を読んでみるというのも良い方法だと思います。

こんばんは、外国語の勉強ですがまだ本格的には始めてないです。

将来は中東で御教えを伝道できたら良いなと思っています。

その前に国際平和育英制度で海外の大学へ国際関係学を学びたいと希望していますが現実を考えると道は険しそうです。

自分の中では英語、ロシア語、アラビア語を取得したいと考えております。

英語を学ぶことは良いことです。語学の学習は時間がかかりますがまず英語から始めてみたら如何でしょうか?そして「TOEIC」などを受けて励みにする方法もあります。僕はラジオ英会話は長年続けました。続けて良かったと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Seicho-No-Ie Online Portugal | トップページ | モンゴルの青年と環境問題を語る »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト