« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2010年12月31日 (金)

12月19日フランクフルト空港にて

大雪のためにロンドン行きの便がキャンセルになった12月19日、私は朝からフランクフルト空港のチェックインカウンターに並んでいました。長蛇の列で隣同士になったのはイ・ムン・カイさんというミャンマーの女性でした。「どこからですか?」「今朝5時にバンコクからここに着きました。これから乗り継ぎでジュネーブへ行きます」電光掲示板を見るとジュネーブ便はすでに夕方の便までキャンセルが決定しています。「そうですか夜の便が飛ぶといいですね」などと呑気に話し合いました。1時間半ほど並んでやっと私たちの順番が来ました。それぞれカウンターへ…。「それではお元気で」「はいお元気で!」…。さて、私の乗る予定だったロンドン便は残念ながら全便キャンセル。仕方がないのでカウンターで切符の払い戻しの処理をお願いして空港出口に向かいました。エスカレーターに乗ろうとすると偶然に先ほどの彼女が私の後ろに…。!「あれ、どうしました?」「はいDB便に乗るように言われました。DB便のゲートは何処でしょう?」「DB?聞いたことがないなあ…??」「このとおりメモをもらいました」そのメモを見てびっくり、「Deutsche Bahn」(ドイツ鉄道)と書いてあります。「イ・ムン・カイさん。DBというのは飛行機ではありません。あなたは列車でジュネーブまで行くように案内されたのですよ。」
このあと彼女をフランクフルト中央駅の切符売り場まで案内して40分並んでジュネーブ行きの指定席券をゲットしました。(天候の都合で飛行機がキャンセルとなった場合は搭乗券が列車の乗車券(2等車両は無料)に早変わりするのです)駅のホームからバーゼル行きの列車に乗り込む彼女の後ろ姿を見送りながら、これは相当大勢の方が困っているだろうなあと思いながら地下鉄のホームに向かいました。(写真はクリスマスマルクトでグリューワインを飲んでいるところです)

Pc210010s Pc210004s

2010年12月25日 (土)

Merry Christmas and A Happy New Year 2011

ヨーロッパは雪が降り続いています。12月18日(土)はロンドン出張のためフランクフルト空港へ向かいましたが、ヒースロー空港が雪のため閉鎖になりフライトは全便キャンセル。なんとかカウンターで翌日午前便のロンドン行きのボーディングパスを受け取り自宅に戻りました。翌朝は6時半に空港到着、早速ゲートに向かいましたが結局ロンドン便はキャンセル。重要な会議に出席できないので困ったことになったと思っていたところ、スカイプで参加して欲しいとの現地からの要望がありました。そういうわけで今回初めて「生長の家英国非法人社団」の会議をスカイプで指導しました。往復の交通費と二泊分の宿泊費がただ。そしてゼロカーボンです。雪のお蔭で大変良い経験をしました。今年1年、皆様に大変御世話になりました。心より感謝申し上げます。Merry Christmas and A Happy New Year 2011! 御礼にダンスをご披露します。(長男と長女は日本からの出演です)→1分間のダンス

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト