« ウィーン誌友会に19名、ロンドンは50名 | トップページ | 名古屋駅でネパール人を助ける »

2012年1月31日 (火)

オフィスの電気は100%再生可能エネルギー

社団法人ドイツ生長の家誌友会のフランクフルト事務所では2011年6月から100%再生可能エネルギーを購入しています。1月29日の朝日新聞の記事にもありましたがドイツでは消費者が自由に電気の購入先やあるいは電気の小売り業者によっては購入する電気の中身を選択できます。ちょっと分かりにくいと思いますが左下のグラフをご覧ください。緑と薄緑の部分がグリーンエネルギー(再生可能エネルギー)です。以前事務所で使用していた電気は左側の円グラフですから35%がグリーンエネルギーでした。しかし小売り会社との契約を変更することによって右の円グラフが示しているように100%になりました。
職員のヴォッベ洋子さんの説明によると2010年4月24日から2011年4月19日までに事務所で使用した電力は約826Kwhで購入費は250.77EURでした。これを100%グリーンエネルギーに変更することにより電気料金は290.09EURになるであろうとの予測です。環境問題に意識を持つ消費者が自ら進んでエコエネルギーを買う。これがドイツのやり方です。(参考:Kernkraft=原子力、Kohle=石炭、Erdgas=天然ガス)

Mainova_2012

« ウィーン誌友会に19名、ロンドンは50名 | トップページ | 名古屋駅でネパール人を助ける »

コメント

お久しぶりです。環境にやさしい事務所おめでとうございます。私は今、自宅自室のシーリングライトをはずして70ワットのLED電球で実験生活をしています。神想観に集中する生活には充分です。昨日は20㎞のエコサイクリング。あとは自宅7F階段を歩いています。
地球環境浄化に祈りと節電で前進します。
本年もよろしくお願いします。

本田先生は7階にお住まいなのですね。それを階段で昇り降りとはまさに「幸せへの階段を昇って」ですね。いつも九州から応援してくださって有り難うございます。

「幸せへの階段」の命名ありがとうございます。「ならば、これからは下りはエレベーターで、登りだけ階段にしようかな」と考慮中です。(coldsweats01
 ところでマイルームの電球の消費電力は70ワットではなく7.2ワットでした。これで600lmの明るさです。1500円でした。LEDの天井燈が最近出回っていますが2万円くらいです。
 いずれも楽しんで実験してゆきます。

なるほど、そしてさすがのドイツですね。
消費者にエコエネルギーを買う選択肢があるのはいいですね。

日本もどんどんそういった良い所を見習って、もっともっと国民ひとりひとりの環境意識が高まって行くことを願いつつ。。。happy01

先日、レスター・ブラウンさんのシンポジウムに出ましたが、高い意識で取り組みを行っている企業や団体もおられることも分かり勉強になりました。と同時に、改めてわが生長の家の環境への取り組みのすばらしさを感じさせていただきました!!shine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウィーン誌友会に19名、ロンドンは50名 | トップページ | 名古屋駅でネパール人を助ける »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト