« 第3回ロンドン英語見真会 | トップページ | 夫がキングならあなたはクイーンでしょ。 »

2012年11月15日 (木)

エスペランツァ・セバロスさんの体験

Esperanza Cevallos(エスペランツァ・セバロス)さんは、エクアドル人でロンドンで生長の家を知りました。彼女は生長の家の教えに感動して、ジュネーブに住む姪のドリスさんや妹に生長の家を伝えました。そしてスペインに住むご両親にも生長の家を伝えて、ご両親はジュネーブで行われたセミナーにバルセロナからやって来られました。彼女のお姉さんは、レスビア・ザンブラーノさんといってアメリカのNYに住んでいます。そのレスビアさんが突然激しい背中の痛みに襲われました。そして医者の判断で椎間板の手術をすることになりました。
手術の予定日は2012年6月4日の午前10時でした。妹のエスペランツァさんは心配して一週間前にロンドンからNYへ飛んで彼女の世話をしていました。私は彼女から相談を受けましたので、スペイン語の『続々甘露の法雨』を生長の家のNYセンターで買って、それを毎日二人で読むように伝えました。そして私は彼女のために祈りはじめ、あわせて日本に神癒祈願をお願いしました。
ところが、手術の2日前の土曜日に病院から連絡があり、手術の時間が午後の4時に変更になったとのことです。それで手術を受ける当日、レスビアさんは自宅で待機していました。するとお昼になって病院から電話があり、手術室で医者が待っているのに何故あなたは来ないのかと言われたそうです。それでレスビアさんから病院から電話があって手術の時間が変更になったと聞いたと答えました。そうしたら病院ではそんな電話はしていないと言うのです。ところが不思議なことに彼女が手術を受けるはずだったその時間から、彼女の椎間板の痛みは消えてしまったのです。それでレスビアさんはもう手術を受ける必要がなくなってしまいました。こんな不思議な体験をエスペランツァさんは喜んで私に話してくれたのでした。(写真は2012年5月にジュネーブで開催された生長の家セミナーのグループフォト。エスペランツァさんは右から6番目)
P5200324s

« 第3回ロンドン英語見真会 | トップページ | 夫がキングならあなたはクイーンでしょ。 »

コメント

とってもいいお話ですね。こんどこの話をNYで紹介しようと思います。

マリオさん。有り難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第3回ロンドン英語見真会 | トップページ | 夫がキングならあなたはクイーンでしょ。 »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト