« ドイツの自然保護団体NABUの協力を得て植樹 | トップページ | ハンガーマップ »

2017年4月11日 (火)

『Materialdienst』

ドイツのプロテスタント教会の団体EZW(Evangelische Zentralstelle für Weltanschauungsfragen)発行の月刊雑誌『Materialdienst』(宗教および世界観問題の専門誌)に、生長の家の“森の中のオフィス”が紹介され、その記事の中に、総裁先生の『大自然讃歌』や“「すべては一体」と実感する祈り”が紹介されました。

 

執筆者のDr. Monika Nawrot 博士は、ギド・ビュルクナー氏の友人で、フランクフルト大学で、ギド氏と共に宗教学や日本語学を学ばれました。彼女はドイツ語の季刊誌『LICHTQUELLE』(リヒトクヴェレ)の読者でもあり、生長の家の活動に関心を寄せており誌友会に参加されることもあります。

 

このEZWは、ドイツのプロテスタント教会の直属の団体で、キリスト教以外の宗教観、世界観を研究し、お互いの理解を深め視野を広げて、ドイツ語圏での思想、宗教間の交流を図っている団体のようです。またEZWにこの月刊誌の購読者について問い合わせたところ、プロテスタント教会の牧師、宗教の教師(ドイツでは学校の授業に宗教があります。)、教会関係機関、宗教学者、宗教および精神世界の団体、新聞雑誌、マスメディア、大学直轄の図書館などを対象にしているとのことです。毎月の発行部数は2,200部で、約2,000名の購読者がドイツ、スイス、オーストリア、東欧などにいるそうです。

 

記事は14ページから18ページまでの5ページです。今年2017年はドイツでは宗教改革500周年にあたりますが、その第一号のプロテスタント教会の雑誌に、生長の家の“森の中のオフィス”のことが紹介されたことに本当に驚きました。(ご興味のある方にはご連絡をいただければ手元にストックがある限りお送りさせていただきます。)

Materialdienst_cover_20171


« ドイツの自然保護団体NABUの協力を得て植樹 | トップページ | ハンガーマップ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドイツの自然保護団体NABUの協力を得て植樹 | トップページ | ハンガーマップ »

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト