2017年4月11日 (火)

「福島の原発事故から6年」

2月23日フランクフルトで開催された「福島の原発事故から6年」という講演会に参加しました。講演者はお笑い芸人のおしどりマコ・ケンさんご夫妻です。お二人にお会いするのは2015年ドイツで開催された脱原発の国際会義から三度目になります。マコ・ケンさんの活躍は日本テレビでも紹介されたようですがお見逃しになった方はどうぞこちらを・・私には衝撃でした。お二人に、脱原発について書かれた谷口雅宣先生の『次世代への決断』と森の中のオフィスのパンフレットをプレゼントさせていただきました。https://www.youtube.com/watch?v=YKlqO9KuQrw

ハンガーマップ

WFP(国際連合食糧計画)のベルリン事務所にお願いして、ドイツ語のハンガーマップを62枚送っていただきました。5月にマインツで開催するセミナーで参加者に配る予定です。SNI Germany in Frankfurt asked WFP in Berlin to send Hunger Map. We will share this map to the participants at the SNI Seminar in May 2016.

自宅や職場に世界地図を貼ることは視野を広げるのに役立ちます。私は3人の子ども達が小さい頃からトイレにハンガーマップを貼っていました(日本で)。世界地図を見ていると自然に視点が日本から世界へ移って行きます。そして世界を見てみようという気持ちが起こって来ます。あなたもご自宅や職場に貼ってみませんか?

Img_1227ss

2017年4月10日 (月)

ドイツの自然保護団体NABUの協力を得て植樹

2016年11月7日、今年もフランクフルトでドイツの自然保護団体NABUの協力を得て植樹を行いました。今年はフランクフルト近郊の幼稚園でリンゴの木を植えました。幼稚園の先生方や子供たちも応援してくれて楽しい時間でした。

14910466_2  14991879





"Before the Flood".

I strongly recommend you to watch this VIDEO "Before the Flood". We have to take an action to protect our mother earth. I didn't have any words after watching this VIDEO. How can we say to our children? This situatuion of earth is the result of our deed in past. We have responsibility to hand over beautiful planet to our descendant. How do you think?

https://www.youtube.com/watch?v=KpWlzFJw3v8

2016年6月 3日 (金)

脱原発勇敢賞

2011年の東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の際に首相だった菅直人氏に4月30日、ドイツのフランクフルト市などから「脱原発勇敢賞」が贈られました。トリッティン元環境相が菅氏を讃える演説をされ、またシェーナウの電力会社「EWS」が、菅氏に賞状を渡しました。幸い私とギド氏も招かれましたので、菅氏に「森の中のオフィスのパンフレット」(日本語版)と『次世代への決断』(生長の家総裁・谷口雅宣先生著)をお渡しいたしました。

なお菅直人氏は授賞式のスピーチで、「私は福島原発事故が起きるまでは、日本の技術水準は高いから、チェルノブイリのような原発事故は起こらないと安全神話を信じていました。しかし、福島原発事故に総理大臣として遭遇し、日本の原発は安全という考えを180度変えました。原発事故を完全に防ぐことは不可能であり、いったん大事故が発生すると戦争に匹敵する大きな被害を及ぼす事が分かりました。私は、原発を無くすることが日本のためにも世界のためにも、そして何よりも私たちの子供や孫の世代のためにも必要だと確信しました。それ以来脱原発のために全力を挙げています。」

また、「再生可能エネルギーはどの国でも自給が可能です。再エネで各国がエネルギーの自給ができるようになれば資源をめぐる国際紛争を無くする事が出来ます。」とも述べられました。詳しくは下記のヘッセン&ナッサウのプロテスタント協会のウエブサイトをご覧ください。一番下の方に日本語の翻訳文がPDFで掲示されています。

(画像につきましてはご本人から掲載の許可をいただいています。)

http://www.zentrum-oekumene.de/?id=380

100_3362s

2016年6月 2日 (木)

SNI Office Frankfurt では100%グリーン電力

フランクフルトのSNI OFFICE ではマイノバという会社から電気を購入していますが、この図の中の"Produktmix"という種類の電気を購入しています。(左から二番目の円グラフです)"Erneuerbare Energien, gefördert nach dem EEG"というのはドイツの再生可能エネルギー法により助成を受けているエネルギーという意味で、"Sonstige erneuerbare Energien"というのはその他の再生可能エネルギーという意味です。従ってOFFICEでは100%再生可能エネルギーを使用しているということが分かると思います。なお図の下の方には、それぞれの種類の電気を使用した場合の1KWあたりのCO2排出量、そして放射性廃棄物量が示されています。このようにドイツでは、自分が購入する電力が環境に与える負荷を考えて、倫理的な観点から選択出来るようになっているのです。ドイツでは2022年末までに原発を全廃することを2011年6月のドイツ連邦議会で可決しています。

Mainova_2016_3


2012年1月31日 (火)

オフィスの電気は100%再生可能エネルギー

社団法人ドイツ生長の家誌友会のフランクフルト事務所では2011年6月から100%再生可能エネルギーを購入しています。1月29日の朝日新聞の記事にもありましたがドイツでは消費者が自由に電気の購入先やあるいは電気の小売り業者によっては購入する電気の中身を選択できます。ちょっと分かりにくいと思いますが左下のグラフをご覧ください。緑と薄緑の部分がグリーンエネルギー(再生可能エネルギー)です。以前事務所で使用していた電気は左側の円グラフですから35%がグリーンエネルギーでした。しかし小売り会社との契約を変更することによって右の円グラフが示しているように100%になりました。
職員のヴォッベ洋子さんの説明によると2010年4月24日から2011年4月19日までに事務所で使用した電力は約826Kwhで購入費は250.77EURでした。これを100%グリーンエネルギーに変更することにより電気料金は290.09EURになるであろうとの予測です。環境問題に意識を持つ消費者が自ら進んでエコエネルギーを買う。これがドイツのやり方です。(参考:Kernkraft=原子力、Kohle=石炭、Erdgas=天然ガス)

Mainova_2012

2011年3月28日 (月)

社団法人ドイツ生長の家誌友会がドイツで植樹

代表者会議出席のため日本へ帰国中にノーベルト・フィッシャー副理事長からメールが届き内容を見てびっくりしました。2月27日(日)にフランクフルト市内のソッセンハイムという町でリンゴの木の植樹を行ったというのです。これは昨年のヨーロッパ幹部研修会の際に出したCO2のオフセットを目指して計画されたものです。植えられたリンゴの木には日めくりカレンダーのコピーが貼られています。「国際平和は自然との共生なくしては実現しない」これを選んだフィッシャーさんのセンスに脱帽です。詳しいことは『聖使命新聞』に掲載されますのでご覧ください。中央の写真の右端がフィッシャー氏、左端が奥様です。右の写真はこの植樹について翌日地元の新聞に掲載された記事です。
Snibaum_nabubanner Msf_shi_ara_suwo_nf Fr_sossenheim_sni_baum

2010年9月24日 (金)

モンゴルの青年と環境問題を語る

今年3月のことですがツムル・バットバイヤー君という24歳のモンゴル人の青年が生長の家の事務所を訪ねて来てくれました。彼はモンゴルの首都ウランバートルの出身でドイツの大学で学んでいます。彼の説明ではウランバートルでは環境問題が深刻化しており理由はゲルと呼ばれるテントから出される暖房用に使う石炭の煙だそうです。冬がマイナス30度にも気温が下がるウランバートルでは暖房は死活に関わる重要な問題だそうです。彼はドイツの大学で環境保護について学びその知識をモンゴルの将来の為に生かしたいと語っていました。彼を紹介してくれたのはドイツに長く住む生長の家の誌友のSさんです。Sさんの職場では多くのモンゴル人青年が働いているそうです。ツムル君の瞳の輝きを見て私も生長の家の環境問題への取り組みの説明に力が入りました。ちなみに「ありがとう」はモンゴル語で「バヤララー」(Bayarlalaa)と言うそうです。ツムル君。僕の話を聞いてくれてバヤララー。(ご本人の了解を得て写真をアップします)

P3310283s

2010年4月19日 (月)

ヨーロッパの火山灰拡散と各国の空港の状況

表題に興味のある方はクリックしてみてください。http://nyti.ms/aZJuMh

より以前の記事一覧

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト