2009年8月26日 (水)

フランクフルト総領事館で「在外投票」

21日(土)、第45回衆議院議員総選挙の在外投票をフランクフルト日本国総領事館ですませました。当日はロンドンへの出張日でしたが朝9時15分にフランクフルトメッセタワーに到着。34階の総領事館へエレベーターで昇りました。受付で「パスポート」と「在外選挙人証」を提示して投票用紙を受け取り無事に投票を終了。空港へ向かいました。現在海外に住む日本人は約108万人。うち有権者は推定81万人とのことです。ところで各党のマニフェストの中に環境問題への取り組みが明確でないのが気がかりでした。今何が最も大切か?政治家が経済優先の世論に押し切られている印象を覚えました。(写真はフランクフルトメッセタワー)、追記:8月29日の新聞で各党の環境保護へのマニフェストを初めて知りました。事前の情報収集不足が残念でした。

R0010176s

2009年8月 8日 (土)

ニック・ヴォイジッチさん

友人の田中道浩さん(生長の家青森教区教化部長)のブログにステキなビデオが紹介されていました。どうぞご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=135Ch3IVIRQ

2009年6月10日 (水)

肉体を越えて

最近のニュースで全盲ピアニストの辻井伸行(つじいのぶゆき)さんがアメリカのバン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝したことを知ったので、早速ユーチューブで彼の演奏を聞きました。感動しました。また、日本IBMの浅川智恵子さん(全盲)が技術者の最高職位の「フェロー」に任命されたことを知りました。IBMのフェローは役員待遇で世界に75名いるそうです。肉体のハンディを越えて活躍される方々を見て人間の無限の可能性を、そして人生の素晴らしさを実感しました。私たちはまだまだ出来るのです。本当にそう思いました。

2008年6月27日 (金)

ルーマニアで「明るい話題」の報道を命ずる法案を可決

ルーマニアで、暗いニュースが多過ぎるのでもっと明るい話題のニュースを流すようにテレビ局やラジオ局に命じる法案を可決したそうです。このニュースは京都に住む生長の家の地方講師の方からの紹介です。まさに、「日時計ニュース」ですね。(笑)http://www.excite.co.jp/News/odd/00081214531333.html
ニュースによれば「暗いニュースは極めて有害で、健康に取り返しのつかない影響を与える」と議員が主張したそうですので、生長の家が説明する「言葉の創化力」への理解がルーマニアでは一般化しているということでしょうか?(ルーマニアでは5月3日に初の生長の家の講演会が開催されました。)

2008年6月19日 (木)

サッカーの欧州選手権2008

今、ヨーロッパではサッカーの欧州選手権2008が開催されています。4年おきに開催されるワールドカップを挟んで行われるので、欧州のサッカーファンは2年毎に燃え上がるというわけです。しかも欧州のサッカー熱は日本の比ではありません。私はスポーツと言えば野球には多少興味がありましたが、こちらに来て驚いたのは野球中継が無いということです。この3年間で野球選手を見たのはCNNのニュースの中でのみです。(笑)とにかくサッカー、サッカーなのです。ちなみにサッカーはドイツ語ではフースバル(Fußball)と言います。Fußballの試合が終わると勝利したチーム(国)のファンが車に国旗を掲げてクラクションを鳴らしながら街中を走り回ります。現在行われている欧州選手権はスイスとオーストリアが開催地ですが先日スイスのジュネーブに行った時に珍しいものを見ました。左の写真をご覧ください。レマン湖の噴水の上にサッカーボールが浮かんでいます。右の写真はジュネーブ市内のアパートメントを通りから写したもので窓から応援の国旗が吊り下げられています。とにかく今のヨーロッパはサッカー一色と言って良いでしょう。

P6150015
P6150018

2008年5月20日 (火)

中国・四川大地震の哀悼日

5月12日に中国・四川省で起きた大地震により亡くなられた皆様のご冥福をお祈りすると共に被災に遭われた方々の救助・救援が速やかに行われますことを衷心より祈念申し上げます。なお新聞によりますと中国政府が発表した「全国哀悼日」は5月19日~21日の3日間とのことです。中国では地震発生時刻の午後2時28分(欧州時間では午前8時28分)に3分間の黙祷を捧げるそうですので、ヨーロッパでも同時刻に黙祷を捧げたいと思います。このブログをご覧になっているヨーロッパ在住の(生長の家の誌友の)皆さん。明日(21日)共に哀悼の祈りを捧げましょう。・・・(21日8:35AM、有り難うございました。皆様の祈りにより亡くなられた方々や被災された方々の苦しみや悲しみが和らげられたことと存じます。)

2007年10月11日 (木)

新「欧州担当者」のご紹介

10月から国際本部の欧州担当者として勤務されている源明子(Mrs. Akiko Minamoto)さんをご紹介します。Minamotoさんは以前生長の家国際本部の青年会部で勤務した経験があり抜群の事務能力の持ち主です。当時私は青年会の事務局長でしたので彼女が欧州担当として配属されたことにびっくり仰天。米国での滞在経験のある彼女は英語が話せますのでヨーロッパに住む英語を話す皆さんとのコミュニケーションもバッチリです。この写真のnice guyはどなたかって?・・それはもちろんher hus...どうぞご本人にお尋ねください。

Test2

2007年9月10日 (月)

森下さん。Danke Schoen! 

生長の家国際本部でヨーロッパの担当をされて来た森下紗由里さんが今月末で退職されることになりました。今後のますますの活躍を期待いたします。写真は今年の白鳩会全国大会でのスナップ写真。体験発表されたエリザベス・ギューベルさんの隣が森下さんです(黒い服)。後列は左から中西敦子さん、末延朋子さん、民子ファゲット地方講師(ウィーン在住)、東久保美幸さん、木下晴視さん(中南米課長)です。皆さんの魅力的な笑顔を拝見していると心が明るくなります。森下さんの未来にProst(乾杯)!これまで有り難うそしてこれからも国際平和信仰運動に協力をよろしく。ダンケシェーン!

Bye_bye_morishita

生長の家の月刊誌


  • 160x180px

SNI Readers Meeting in Europe

  • 160x180px

SNI Postingjoy

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
フォト